今月(2017-01)の一覧 / 以下、最近 7 日分

2017-01-18

2017年1月18日のヲハニュースをお届けします。

ラノベキア

これから出るラノベ新刊の全リストを提供する「ラノベキア」をリリース
リクエストがあったのでこういうサイトを作りました。
アマゾンから出る電子書籍と紙書籍を対象としたラノベ新刊情報サイトです。
独自の差分抽出技術(おおげさ)により、発売日だけなく予約開始のタイミングも分かります。
どうぞよろしくお願いします。

Kindle Unlimitedサービス開始から5カ月経ったので、ラインアップをジャンル別・出版社別に時系列で比較してみた:見て歩く者 by 鷹野凌
ふむふむ。
鷹野さんのKU比較シリーズって、日々の差分を取っていくことで自動化できそうだ……。

電子書籍を取り巻く日本の事情
なるようになるのでなるにまかせる。
続きを読む
[ 固定リンク ] 2017-01-18-1

2017-01-17

恵比寿駅前の商店街の駒沢通り沿いに2016年9月22日にオープンした「EBISU FOOD HALL(エビスフードホール)」、通称EFH。

EFH

移転前の天下一品や漢方薬局があったあたりを更地にして、大きめなビルを建てて、その1階のすべてがEFH。

EFH
続きを読む
[ 固定リンク ] 2017-01-17-2

2017-01-16

急な事情により100円ショップの鉛筆削りを買ったのですが、刃の角度がひどくて鉛筆の先がバリバリになってしまいました。普段は100円ではないしっかりしたのを使っています。これです。

ステッドラーの鉛筆削り

定価でも380円。別に高くないし、ここでケチってギャンブルしてもしょうがない。

ステッドラー シャープナー 2穴 | 文房具・オフィス用品

続きを読む
[ 固定リンク ] 2017-01-16-2
新サイトリリース告知です。

わたくし、「Kindleコミック新刊全リスト」というサイトも運営しているのですが、先日ブログの匿名メッセージ欄経由で「新刊全リストのラノベ版も欲しい」とのご要望を頂きました。

ということで、ラノベ(ライトノベル)に特化した新刊情報サイトを作りました。

ラノベキア

これから出るラノベの一覧を提供しています。
あとついでに今日発売のラノベも。
対象はアマゾンで扱われている紙の本と電子書籍(Kindle本)です。

どうぞご利用ください。
[ 固定リンク ] 2017-01-16-1

2017-01-15

セブンイレブンに売っていたのをとらちゃん(息子6歳)が目ざとく見つけ、買うこととなりました。800円でした。

ゼニガメちゃん
続きを読む
[ 固定リンク ] 2017-01-15-1

2017-01-14

2017年1月14日のヲハニュースをお届けします。



完全自動運転、6割のドライバーが「不要」と回答…GfKジャパン調べ | レスポンス(Response.jp)
最近読んだ近未来SFマンガで自動運転しない(自分で運転する)場合は保険がきかなくなるってのがあって、そういう前提だとまたかなり割合かわるかと。
これね:

「死にたくなければ女医を選べ」日本人の論文が米で大反響 (ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース
条件を補正した後の30日死亡率をみると、女性医師の担当患者は11.1%、男性医師は11.5%、再入院率はそれぞれ15.0%と15.6%で、女性医師が担当した患者のほうが死亡率、再入院率ともに「統計学的に有意」に低い
全体で見れば数%でも大事かもしれないけど、個人目線ではあまり意味ない差だよね。他のことを気にした方が良さげ。
続きを読む
[ 固定リンク ] 2017-01-14-2
モスバーガーのワイワイセット(子供向けセット)のオマケの「こくばんおえかき」。

モスバーガーのおまけ、こくばんおえかき
続きを読む
[ 固定リンク ] 2017-01-14-1

2017-01-13

今週の平日のランチの記録。

平日ランチ
続きを読む
[ 固定リンク ] 2017-01-13-2
マスコミやポップやネットなどでの気をひくための文言について、そのパターンと仕組みを実例をもとに解説していく本。「キャッチフレーズあるあるネタ」として楽しめます。しょうもない釣りに引っかからないための体系的な知識としてもいいかも。

あと、釣りタイトルでPV稼ぎに勤しむブログを見るたびに「ああこういうのを参考にしているのね」と思ったり。単にネットで釣りたいだけなら、バズってるやつのタイトルをパクればいいだけですが。

川上徹也 / ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック キャッチコピー力の基本 [Kindle版]

「なぜ商品が売れないのか?」「なぜ企画書が通らないのか?」「なぜメルマガやブログに反応がないのか?」。それらは、すべてキャッチコピー力が足りないせい。情報があふれる現代において、「タイトル」「見出し」「決めゼリフ」など、受け手の気持ちをとらえて離さないワンフレーズが、何より重要です。本書は、仕事で一番必要なのに、これまで誰も教えてくれなかった“刺さる、つかむ、心に残る”コピーのつくり方を、ビフォー→アフター形式で教えます。広告、出版業界に勤める人のみならず、商品開発に携わる人から店頭でPOPを書く人まで、辞書代わりに持っておきたい書籍です!
[ 固定リンク ] 2017-01-13-1

2017-01-12

ブログ記事をもっと読む
カテゴリブログ運用実験中