たつをの ChangeLog

14 件 見つかりました。

1 2 3 [ 次へ ]

1月24日発売の、堀正岳ことメホリ氏(@mehori)による新著です。著者よりいただきました(経緯は後述)。

  • 堀 正岳 / 仕事と自分を変える 「リスト」の魔法

    誰もが意識しないほど簡単で基本的なツールだからこそ、「リスト」は、誰にでも使うことができ、その恩恵には限りがありません。

    そして、簡単に実践できるのに、これまでできなかったことを可能にして、いままでできていたことをより高いレベルで可能にする――。
    そんな魔法のような力がリストにはあるのです。
    本書では、この「魔法」を簡単に扱えるようにする方法を紹介しました。

    ・仕事がラクに捌けるようになる「やることリスト」
    ・心を空にしてラクになる「ブレインダンプのリスト」
    ・ありがちな失敗を未然に防ぐ「チェックリスト」
    ・本の内容や自分の思考をロジカルに把握する「構造化のリスト」
    ・夢(目標)実現への道が見える「バケツリスト」 ・・・

    「箇条書きのリスト」がもつ2つの力(スッキリ化・ハッキリ化)で、自分の人生を「拡張」できるのです。

紹介


昔からある古い方法である、「箇条書きのリスト」。TODO管理、作業チェックリスト、GTD、頭の中身の洗い出しなど、リストに基づくライフハックは古今東西多種多様。本書では、そんな「リスト」について、定番の基本的な使い方の紹介やうまく運用するためのノウハウだけに止まらず、本質を探ったり、最近の動向なども紹介している、全編リストずくめのリスト本です。つまりは、ザ・リスト本。「リストから人生へ」、人生はリスト。

2017年の『ライフハック大全』、2018年の『知的生活の設計』と比べると、読み物の側面が強いですね。前2作の方は構成がフラットなリストな感じ。本作は構造化されたリストみたいな。後書きによると、本作は「テクニックの先」へと向かうことが裏テーマとのこと。


この三冊は、まさにライフハック三部作、本作が最終巻といった趣なのですが、実際はそのような事実はなく、機会があればまだまだ書くそうです。楽しみです。

豚組しゃぶ庵 リストの魔法

メホリさんのライフハック本三冊が未読な方は、この『「リスト」の魔法』を最初に読むのをお勧めしたいです。仕事にしろ人生にしろインプットにしろアウトプットにしろ、やはりリストまわりを押さえておくのが一番重要だと思うので。

公式言及


ネットでの公式言及リスト(著者や出版社など)。随時追記するかも。


読書メモ


自分用の読書メモ。あとで思い出すためのキーワードリスト。

  • リストの効果
    • スッキリ化: スッキリスト
    • ハッキリ化: ハッキリスト
  • 種類
    • すでにわかっていることを書く
    • まだ意識していないことを引き出す
  • バレットに使われる記号: p.37, p.237
  • リストには必ずタイトルをつける
  • ツール紹介
    • #私は、紙だとリーガルパッド、デジタルだとAppleのリマインダー、および、テキストファイルを使っている
  • やることリスト
    • タスクの書き方は、SMART を意識
    • 〇〇を考える => とりあえず3つ書いてみる
    • コンテキストごとのリストを用意しておく
    • タスクの粒度はそのときの心理状態次第
    • 「Doing リスト」: ページは縦に2分割。左は今集中するやることリスト、右は割り込みによるペンディングリスト
    • 「アイゼンハワー・マトリクス」: 重要と緊急の二軸で評価するやつの名前
  • 心配事から解放してくれるリスト
    • 頭の中をすべて書き出すリスト
    • 「ブレインダンプ」: 頭の中身をダンプ
    • 「トリガーリスト」: 頭の中のものを引き出すきっかけの質問集みたいなもの
    • 「チェックリスト」: 手順書の側面
  • 思考と記憶を拡張するリスト
    • 「リスティクル」: list + article = listicle / Ex. XXするための7つの方法
    • 構造化リスト・構造化文書
  • 自分をより深く知るためのリスト
    • 「ラピッドロギング」「バレットジャーナル」
    • 分人思想
      • #リマインダーを分割してみた
  • 夢をかなえるためのリスト
    • 「バケツリスト」: 生涯の夢を書いたリスト
    • 「Not to do リスト」: やらないことリスト、なにをしないかリスト
    • 「パーソナル・クレド」

出版記念新年会


本書の発売前日である1月23日の夜に、出版記念新年会的なものが六本木の豚組しゃぶ庵で開催され、そこにご招待いただきました。ごちそうさまでした。

豚組しゃぶ庵 リストの魔法

その場で、翌日発売の新著(紙版)をいただいたという次第です。ありがとうございました。

レビューズモニター参加中

目の健康を維持するというコンセプトの「BenQ GW2480T」というディスプレイ。
数週間お借りしたので、使ってみた感想など書いていきたいと思います。

アイケアモニター


BenQ のアイケアモニターは、目の健康を維持するというコンセプトのディスプレイです。

ブルーライト軽減が良い


ブルーライト軽減機能を備えており、ディスプレイが発する光からブルーライトを除去できます。
ブルーライト軽減は日頃から意識しており、普段使っている MacBook Pro (MBA) では常にナイトシフトという青みが少ないカラーモードにしています。
さっそく繋げてみると、当たり前ですがそのままナイトシフトの色味なのですが、MBPと比べても、光が目に刺さらずしょぼしょぼせず良い感じです。
MBPのより、赤みが強い感じでしょうか。

アイケアモニター

「ほほう」と思ってナイトシフトをオフにして比べてみると、青みがカットされているのが如実にわかります。
最初からブルーライトがカットできるんだから、このディスプレイならナイトシフトじゃなくても良いかもしれない。
実際に使ってみて、MBPのディスプレイよりも目が疲れないのは確かです。

アイケアモニター

ディスプレイ本体の設定(右下の物理ボタン)でもっとガンガンとブルーライトがカットできます。
デフォルトは「マルチメディア」という項目になっていますが、ここで「閲覧」という項目を選択すると、かなり猛烈にカットされます。
ディスプレイでじっくり文章を読まなきゃいけないときにはありがたいかと。
なるべくそういう事態は避けたいですが。
iPhone で撮影した動画です。カメラ側で自動ホワイトバランス調整が入っちゃってるのですが、それでも差が分かるかと思います。



周りの明るさによって、ディスプレイの輝度を調整してくれる輝度自動調整機能。
ディスプレイの光もまぶしくなく暗すぎず調度良い感じがキープされます。
あと、表面がざらざらな仕様で、光をまったく反射しません。
これもありがたい。

物理的な調整が楽


高さ変更が簡単ですね。
支柱の溝にそってススっと上下に動かせます。
座ったままで、ディスプレイの下の両手入れて持ち上げたり、ディスプレイの上の両端を両手で持って押し下げたり。
あまり力はいりません。
小3息子でも無理なく動かせました。

アイケアモニター

前後の傾き変更も簡単。
片手でキュッと。
あと、90度に回転も手軽にできます。

そんな感じで、目の高さとか目からの距離とか斜めにならない傾き加減とかの調整が楽なのです。
ありがたい。

アイケアモニター アイケアモニター アイケアモニター

組み立ても簡単です。
支柱(液晶付き)を土台に刺して、土台の裏のネジを閉めるだけ。
ネジ回しなどの道具は不要。

弱点は音


弱点は音ですね。
そもそも音質はメインではないですからね。
音が出れば良いやというレベルで十分だと思います。
こだわる人は別途ちゃんとしたスピーカーを用意すれば良いので。

動画閲覧


アマゾンプライムでアニメを見るとらちゃん(小3息子)。
番組視聴はどうしても時間長めになるので、目の影響は気になります。
なので、ブルーライトカットで目に優しく!

アイケアモニター

とはいえ、見ていい時間を親が決める方が良いとは思いますが。
どんなにブルーライトカットしてもだらだら長時間見てしまっては意味ないですからね。

ゲーム


家族で任天堂スイッチで遊びました。
画面が綺麗で良いです。

アイケアモニター アイケアモニター

ブルーライトカットの影響は、短時間のゲームだったからあまり関係ないかな。

キーボード入力練習


とらちゃん(小3息子)は学校でタブレットPCを使っています。
この地域では、全生徒が学校からのレンタルで授業や宿題に活用しているのです。
で、そのWindowsタブレットを繋げようとするものの、そもそもタブレット側の問題で物理的に無理でした。
いろいろ評判の悪いタブレットなのでさもありなん。

アイケアモニター

仕方ないので MacBook Air でキーボード入力練習。
手元をなるべく見ないブラインドタッチをマスターして欲しいので、練習段階はキーボードとディスプレイはちょっと離れていた方がいいんですよね。
ノートPCからディスプレイに出力して使いたい用途の一つです。

アイケアモニター

なお、とらちゃんのブラインドタッチの習熟度はまだまだです。
年内にはマスターさせてブログデビューさせたいところ。

まとめ


純粋にディスプレイとしての評価、というか感想。
全体的にディスプレイの細かい設定が不要で、デフォルトで目に優しい感じで使えるのがストレスフリー。
本体の物理的な調整(高さ・角度等)もそれほど力がいらずにできるのが楽ちん。
総じて、子供向けのディスプレイとしては良いものだと思います。

もちろん大人も使いたい。
長時間集中してのプログラミングとかこれでやりたい。
プログラミングモニターとして使いたいです。
あと、プレゼン資料作成モニターとしても。
会社のフリーアドレスのディスプレイもこれにして欲しいところ。


補足情報


「BenQアンバサダープログラム」というのがあります。
「BenQ製品」の魅力をSNSやブログで伝える人たちを随時募集中だそうです。


あと、アイケアモニター、アマゾンでも売っています。


「新電動式神泡サーバー2019」の簡単なレビューです。
先日といってももう1ヶ月前になりますが、サントリーさんに「神泡」関係の説明会+αに招待していただき、その際に頂いたものです。
いつもありがとうございます。

%u304B%u307F%u3042%u308F%u30B5%u30FC%u30D0%u30FC2019


簡単な使い方動画を作りましたのでどうぞ:



昨年の「神泡サーバー」(電動超音波式と手動SS式)[2018-02-12-1]と比べての最大の改良点は、ビールが中を流れないこと。去年のは筒の中を流してそこに超音波の振動をあててました。今年のは缶を直接振動させます。そのため洗浄不要なのです。

これ、実は、最初は泡がうまく出せなくて、説明会参加者たちと後日チャットでいろいろと試行錯誤&情報交換していました。で、その結果、缶を上の方にギュッと押せば泡が立ちやすい、ということが確認されました。一緒に参加したネタフルさんの記事に詳しく書かれているので、困ったときには見てみてください。要するに本体の振動部分と缶とがちゃんと接触することが大切なのです。


最後にこの2019年版電動式神泡サーバーの入手方法ですが、3月19日から発売のプレモルサーバ付きセットを買うとおまけとしてついてきますよ。なにはともあれクリーミーな泡がドバドバでてくると気持ち良いので、興味を持たれた方はぜひぜひ。

関連記事


@mehori による「最後のライフハック本」といわれる「ライフハック大全」から1年。次なる一手として新著「知的生活の設計」が登場しましたよ。2018年11月24日(土)に発売・配信開始されました。

堀 正岳 / 知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略

不確実な世界でいかに未来を、人生を設計すればいいのか。
その鍵となるのが「知的生活」を「設計」するという考え方です――

今日から始めることが「10年後の自分」を支える。
「趣味」「読書」「情報発信+情報整理」「書斎」「アプリ・ツール」「お金」まで……
毎日のちょっとした習慣を積み上げれば、誰でも知的生活を実現できる!

ただダラダラと日々を過ごすのではなく、その中でも毎日何かしら積み上げていくことで価値を生み出す。未来に向けて今からやれることをいろいろ紹介。なんとなくモヤモヤと生きている人におすすめです。

普段このような本を読まない人にこそ読んで欲しいなと思い、私が運営しているキンドル本セール情報サイト「キンセリ」でも新刊ピックアップとして取り上げました。世界を変えるような大きなことでなく、自分を少し変えるくらいな気楽さで読んでみてもらえると良いと思います。

読書メモ


本書の中身については、昨年の「ライフハック大全」[2017-11-17-3]のときのように気付き次第、別記事で書いていきたいと思います。


本記事では基本的な話をいくつか。

まず「知的生活」とはなんぞ、という点についていくつか引用しておきます。
ベースは渡部昇一&梅棹忠夫の両先生。
「知的生活」という言葉を日本に広めた書籍として、渡部昇一の『知的生活の方法』(講談社)があります
梅棹忠夫の『知的生産の技術』(岩波書店)は、知的生産を「人間の知的活動が、なにかあたらしい情報の生産にむけられているような場合」と定義
梅棹氏の知的生産の定義を引きつつ、知的生活を次のように言い換えたいと思います。
 すなわち、 知的生活とは、新しい情報との出会いと刺激が単なる消費にとどまらず、新しい知的生産につながっている場合
そして、書籍タイトルにある「知的」「生活」の「設計」について。先々を考える!
未来にどこまで到達したいかを意識して今日の活動量を決めることが「知的生活を設計する」ということ
なお「知的」とは情報に対する態度。情報処理能力、とも言えるかな。
知的というのは「頭がいい」ということではありませんし、勉強ができる、学問的であるといったことが必須というわけでもありません。
周囲にあふれている情報との向き合い方が知的である ということなのです。

そして本書の重要概念である「知的積み上げ」。
いまは、誰もがパソコンやスマートフォンでいつでも、どこからでも発信を行うことができる時代です。ツイッターで意見を表明したり、議論を交わしたり、動画サイトで日常の様子を公開するなどといったことが、誰でも可能に
そうした情報発信が「知的積み上げを背景にした情報発信」であるかです。内容が知的であるかどうかではありません。積み上げの結果生まれた新しい情報を、世界にフィードバックさせているかどうかが重要になるのです。
個々の内容は必ずしも知的ではないかもしれないが、それの積み上げ、つまり結び付けがなされることで新たな意味が生まれ知的なアウトプットに。
積み上げの開始方法についての著者のチップス:
今日から実践できる習慣として「二度出会ったらメモをする。三度出会ったものは記録しはじめる」をおすすめ
一つ一つが小粒でも3つあればネタとして体裁が整うのは納得いく話だと思います。二度あることは三度あるかも、三度あることはもっとある!

出版記念会


昨年の「ライフハック大全」のときには「豚組しゃぶ庵」にて出版記念会(という名の飲み会)が開催されました。


で、今回も同様に「豚組しゃぶ庵」にて記念会が開催されましたので参加しましたよ。ごちそうさまでした!

知的生活の設計  出版記念しゃぶしゃぶ 知的生活の設計  出版記念しゃぶしゃぶ

参加者全員、紙版書籍を一冊ずついただきました。ありがとうございました。Kindle版で読んだのですが、紙版も手元にあるとそれはそれで見返すのに便利。そして、今回の趣旨の飲み会では話のネタ帳としてまさにぴったり。(とはいえそんなにネタにはしてなかったけど)



バルミューダ ザ・ライト & とらちゃん

バルミューダ社の卓上ライト「BALMUDA The Light(バルミューダ ザ・ライト)」を2週間モニターさせていただいたので、その感想を書いていきます。

レビューズモニター参加中


「BALMUDA The Light」について


「BALMUDA The Light」について、製品のコンセプト、太陽光LEDの素晴らしさ、開発における熱い思いなど、モニターに先駆けて先月参加した説明会でじっくり聞かせていただきました。子供が使うに最適な卓上ライトだと思いますし、実際に2週間使った結果としてまさにその通りでした。

説明会におけるポイントは、メモ書きレベルですが別記事でまとめていますので、お手すきなときにでも目を通してくださると幸いです。また、当日参加された私以外のブロガーによる詳細なレポート記事もあるので、そちらを参考にしていただいた方が良いかも!


また、今回私のようにモニターして記事を書く予定のブロガーさんもいるので、そちらもぜひどうぞ。随時追記していきます。


本記事では、2週間使ってみての感想を書いていきます。あまりに自明な太陽光LEDの素晴らしさ影になりにくい斜め下に出る光の良さについては、多くの方が述べられると思うので、それ以外の2つ、「つまみの音」と「持ち運び」について。どちらも先日の説明会で最後の質問コーナーで出た話題です。

音の出るライト


本体のつまみを右にひねると一段ずつ明るさが増していきます。それに合わせて音がなります。音は明るさ増加と連動して音階が上がっていきます。音程上昇で気分がアゲアゲです。逆に左にひねると一段ずつ暗くなっていって音階が下がっていきます。

バルミューダ ザ・ライトのスイッチ(つまみ)
(うちの子が早速鉛筆で汚しています……)

ここでポイントとなるのは、つまみの同じ目盛りでも回転方向で音が変わること。消灯状態(左端)から右にひねっていくと目盛りごとに「CDEFGC」と音階上がり、一番明るい状態(右端)から左にひねっていくと「CGFEDC」と下がります。



こう書くと当たり前に思えるかもしれませんが、つまりは同じ目盛りなのに右回転のときと左回転のときで音が異なるのです。目盛り位置ではなく、目盛りと目盛りの間に各音が設定されているということになります。ともかくこれによって、「つまみによる曲の演奏」の難易度がかなり上がっています。「カエルのうた」を演奏してみました。なかなか難しいです。(やりすぎると絶対壊れるので強く非推奨!)



私の「BALMUDA」の家電の印象と言えばスイッチの「音」なんですよね。全ての製品が対象ではないのですが、少なくとも我が家の「バルミューダ ザ・レンジ」(電子レンジ)は音が素敵で、家族みんな気に入っています。

バルミューダのレンジ

昨年12月に買ったときの私の記事によると
通知音はギターやドラムです。ついつい踊っちゃったり、歌っちゃったり(音マネ)して家族みんなで楽しんでます。
(バルミューダのレンジを買いました[2017-12-30-2])
とのことで、実際今もそんな感じで楽しんでいます。



レンジはギター音でしたが、ライトは電子ピアノの音。先日の説明会のときの寺尾社長の話によると、何種類もの楽器の音を試してみて、最終的にピアノに決めたそう。ライトのつまみの各目盛りの音も生音で録音したそうです。また、なんでライトの目盛りが音階になっているのかと質問したところ、子供が毎日音階を聞くことによって音が「わかる」ようになって欲しいから、とのことでした。絶対音感とまではいかないけど、正しい音階を毎日聞いてると音に慣れて、情操教育やらなにやらで良い感じになりそうです。これはほんと良い企画・設計方針だなあと思っています。

個人的には、
  • きれいな音が鳴る仕組みがあると、
  • 座ったときになんとなく音を鳴らしたくなってしまい、
  • 結果としてライトをつけて明るく勉強・作業できてしまう、
という点が「仕掛学[2017-09-22-1]」みたいで好きです。

持ち運び


さまざまな事情により我が家はとっても手狭でして、子供部屋はもとより、子供用の常設勉強机さえありません。とらちゃん(小2息子)は勉強する場所を探してさすらうノマド小学生なのです。

バルミューダ ザ・ライト & とらちゃん

ということで、ノマド小学生がこのデスクライトを活用するために重要な「バルミューダ ザ・ライトの持ち運び」について書いていきます。

まずは「重さ」ですが、このデスクライト本体は3.2kgあります。デスクライトとしてはかなり重い部類です。上のライト部が凝っていて重いので、倒れないように下部も重くしたため、こんな重さになってしまったそうです。デスクライトは工業規格で倒れにくさの基準があるそうですが、それを大幅にクリアするためのこの重さ、ということみたい。

持ち運ぶには「持ち手」がポイントです。首の部分(アーム)を持って持ち上げ(もう片方の手で本体の底を支えて)運びます。首の部分は細くて心配ですが、持ってみると意外とガッシリ。そして、バランスが良いのか、重さをそれほど感じません。これなら安心して運べますね。もちろん小さい子供に持たせるのは危険ですので避けましょう。

バルミューダ ザ・ライト 持ち運び
(アームを持って持ち上げたところ)

本体だけれなく「電源アダプタ」もいっしょに運ばなければなりません。このデスクライトはバッテリー付きではないので、電源アダプタが付属しています。移動の際にケーブルをまとめて本体と一緒に運ぶのは若干面倒です。とはいえ、コードを首の部分に巻いてアダプタ本体をペン立て部分に置いて運べば大丈夫。まあ、アダプタが別売されてれば追加で買うのもありなので、そこらへんは期待です。

バルミューダ ザ ライト 電源アダプター

そんなわけで、我が家ではバルミューダのデスクライトがあちこちに移動しておりますが、特に運用上の問題はありません。常設の勉強机が無いご家庭でも安心してお使いいただけるかと!

おわりに


「バルミューダ ザ・ライト」を2週間モニターとして使ってみての感想ポイント2つを紹介しました。

最後に、「光」に関してやはり少しだけ書いておきます。LED光は直接外に出てくることはなく、必ず鏡に反射して出てきます(手術灯の技術)。直接下を照らすのではなく斜め方向を照らすよう鏡で調整しているので、頭や手で手元が影になりにくくなっています。また、明るさのわりにキツさが和らぎます。子供の目にも優しいのはもちろんですが、影ができにくいし、物体からの反射も少ないのでブツ撮りにも適しています。ブログ用の写真撮影が捗ります。また、iPad でゲームをやらせるときにも使っています。画面の反射光が比較的拡散するし、背景との明暗差が少なくなって目の負担減にもなるので。ともかく、良い光なのです。

お値段が高いのがほぼ唯一のデメリットと言える「バルミューダ ザ・ライト」ですが、長時間凝視するものへの光の質を考えると、子供用としては最適なデスクライトだと思います。興味のある方は冒頭のリンクからたどってさらなる情報収集をぜひ!

あと、買ってから、「やっぱり、よくない、みやすくない」という場合に全額返金される「みやすさ保証キャンペーン」というのもやってます(ネットストア12/27正午注文分まで)。要するに気兼ねなく返品できるということで、とりあえず試してみたいという方には安心かと。

1 2 3 [ 次へ ]

たつをの ChangeLog
Powered by chalow