たつをの ChangeLog

369 件 見つかりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 [ 次へ ]

今年も社内でインフルエンザの予防接種を受けましたよ。
風邪気味だったのですが、熱をはかると平熱で、ノドもみてもらった結果、大丈夫とのことで接種。
去年は痛かったのですが、今年はまったく痛くなかったです。

インフルエンザ予防接種

家族の状況はというと、妻は完了でとらちゃん(小3息子)は先月1回目を受けて、今週後半に2回目の注射予定。
インフルエンザに無縁のままこの冬をのりきりたいです!

過去の記録


2年半前、2017年5月のゴールデンウィーク近辺に脊髄腫瘍で入院&手術をしました。
今日は術後のMRI検査。
全日休暇で、広尾の日赤病院へ。

日赤病院 MRI

結果としては、特に問題はなかったです。
よかったー。

しかし、MRIは疲れますよね。
造影剤も入れて体温上がったり、音の圧がすごかったりで。
帰宅後は昼寝しました。

なお、前回の検査(レントゲンのみ)は5月でした。

関連記事


区から届いた無料クーポンで風しんの抗体検査をしたのが先月末。
その結果を聞きにオフィスビルのクリニックへ。

その結果は……

風しん 風疹 抗体検査 結果

抗体あり!

測定結果の値は 20.0。
予防接種対象となるのは 6.0 未満。
なので大丈夫。

風疹の予防接種を受ける必要はなし、とのことです。
記憶はないけど、子供の頃に予防接種を受けてたのかも。
とりあえず、ほっとしました。

過去記事


関連情報

  • 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方を対象とした風しん追加的対策が始まります | 渋谷区公式サイト
    2018年7月以降、30代から50代の男性を中心に風しんの患者数が増加しています。
    また、2020年には東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、たくさんの人の往来が予想されています。現在の風しんの流行が開催時まで続くと、さらに流行が拡大する恐れがあります。
    このような状況を受けて、風しん予防接種を受ける機会が無かった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日に生まれた男性を対象に、風しんの抗体検査及び風しんの定期予防接種を実施することとなりました。
    対象の方には、全国の指定医療機関等で実施できる無料のクーポン券を発行します。まずは風しん抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分に抗体を保有していないことが分かった方は予防接種を受けましょう。
  • 風しん追加的対策の告知に「シティーハンター」を起用
    予防接種法に基づき定期接種を受ける機会が一度もなかった1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性(以下対象男性という。)に対して、2022年3月末までの間、原則無料で予防接種を受けられる定期接種の対象となります。
    ※2019年度は、1972年(昭和47)年4月2日~1979年(昭和54)年4月1日生まれの男性に市区町村がクーポン券を送付します。2019年度にクーポン券が送付されない対象者も市区町村に希望すればクーポン券を発行し、抗体検査を受けられます。なお、自治体により事業の開始時期や対応が異なるため、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

寝るときのくいしばり・歯ぎしり予防に2年ほど前から使っているマウスピース(ナイトガード)。
昨年5月に作り直した2代目に穴が開いてしまいました。
で、また歯科に行って作り直してもらいました。
先代と同じ厚さです。

ナイトガード 三代目

寝るときには欠かせないものとなっています。
つけ忘れると翌朝にくいしばり由来の頭痛がしちゃいます。
年末年始の帰省に持っていくのを忘れて必要性を再確認しましたよ。

過去記事


昼休みに風しんの抗体検査へ。
区からクーポンが届いてて、それを使って無料で検査。
オフィスビルにある検診メインのクリニックにて。
住居とオフィスビル、区は違うけどクーポンは使えます。

風疹 抗体検査

血を抜かれました。

風疹 抗体検査

検査結果は2週間後以降。
抗体が無いとか弱いとかだと、今度は予防接種を受けることになります(こちらも無料クーポンあり)。
さあてどうなることやら。

  • 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方を対象とした風しん追加的対策が始まります | 渋谷区公式サイト
    2018年7月以降、30代から50代の男性を中心に風しんの患者数が増加しています。
    また、2020年には東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、たくさんの人の往来が予想されています。現在の風しんの流行が開催時まで続くと、さらに流行が拡大する恐れがあります。
    このような状況を受けて、風しん予防接種を受ける機会が無かった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日に生まれた男性を対象に、風しんの抗体検査及び風しんの定期予防接種を実施することとなりました。
    対象の方には、全国の指定医療機関等で実施できる無料のクーポン券を発行します。まずは風しん抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分に抗体を保有していないことが分かった方は予防接種を受けましょう。
  • 風しん追加的対策の告知に「シティーハンター」を起用
    予防接種法に基づき定期接種を受ける機会が一度もなかった1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性(以下対象男性という。)に対して、2022年3月末までの間、原則無料で予防接種を受けられる定期接種の対象となります。
    ※2019年度は、1972年(昭和47)年4月2日~1979年(昭和54)年4月1日生まれの男性に市区町村がクーポン券を送付します。2019年度にクーポン券が送付されない対象者も市区町村に希望すればクーポン券を発行し、抗体検査を受けられます。なお、自治体により事業の開始時期や対応が異なるため、お住まいの市区町村にお問い合わせください。
    (via 【ヲハニュース 2019年1月6日号】ファミマこども食堂、40〜50代男性に風疹予防接種クーポン、PayPay再び100億円キャンペーン、など[2019-02-06-1])
この記事に言及しているこのブログ内の記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 [ 次へ ]

たつをの ChangeLog
Powered by chalow