たつをの ChangeLog

381 件 見つかりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 [ 次へ ]

日本で営業している複数の電子書籍ストアのセール情報をまとめて一覧表示するサイト「EBSAIN」。
開催中のセールが一目でわかります。
本日β版を一般公開しました。

EBSAIN

現在、対象のストアは Kindle, Kobo, ebookjapan, シーモア, BookLive!, BOOK☆WALKER, Reader Storer, honto の8つ。

Kindleストアでの「他ストア連動の非公式セール」を発見したり、セール期間不明のKindle本セールの終了日を他ストアから推測したりと、「キンセリ」の運営にとても便利なツールです。というか、そのために作ったものです。

サイト名の「EBSAIN」は「EBook SAle INfomation」から付けられた名前で、エブセインと読みます(読み方はGoogle先生に準拠)。

β版として公開中


昨年の後半から開発していますが、現在、未完成のβ版です。
データまわりもデザインまわりももっと調整したいところ。
セールの重複や漏れが多いですし、データ量が多いのでUIがもったり。
でも、完成まで待ってそのまま日の目をみなかったら虚しいので、とりあえずはβ版として公開することにしました。
いろいろとガラッと変わることがあるかもしれませんがご了承ください。

今後については考え中


さて、開発者としては広く使ってもらいたい心情ではあるのですが、以下の観点から永続的に一般公開するかどうかは悩ましいところ。

  • 1. ストアによっては完全な情報が取れないことがある
  • 2. ストアのデザインやサイト構成が変わると修正作業が必要
  • 3. うまいマネタイズ方法が見つからない
  • 4. アフィリエイターしか使わないかも

1については、なかなか難しいところです。
技術的な問題でいくつかのストアでは完全なセール情報が取得できません。
とくにセール終了日が抜けてしまったり、重複があったり。
ちゃんと運営するには人手(目視確認)が必要です。
Kindleストアはキンセリのデータ(目視確認済み)を流用すれば良いのですが、それ以外のストアはどうしたものかと。
このへんが「未完成」たる最大の理由です。
気にしないってのも一つの解法ですが。

2は、ストアのリニューアルやデザイン変更により、クローラが機能しなくなると面倒という話。
クローラは各ストアごとにカスタマイズしているので、不定期に修正タスクが発生。
経験ある人はわかると思いますが、いちいち追随するのけっこう大変。
まあ何かあっても週末までほっとけばいいんだろうけど。

3は、持続的な運営に関する問題。
日本での電子書籍ストアのシェアは Kindle が圧倒的です。
でも、Kindleのセール情報なら、私が別途運営している「キンセリ」があり、SEOも効いてるし、マネタイズを考えるならそこに注力する方が良いのです。
楽天Koboや他の電子書籍ストアのアフィリエイトはあまり期待できない状況。
アドセンスは審査で落ちました(やむなし)。
そんな感じです。

4は、想定ユーザの話。
「広く使ってもらいたい」けど使う人ってすごく限られている気がしています。
電子書籍ストア利用者(電子書籍の読者)にがんがん使ってもらいたいけど、
そもそも Kindle ストア以外は公式サイトでのセール情報がわかりやすいので、もっぱら比較用途でしょうね。
そうなるとアフィリエイターが情報源として使うくらいかなあ。
あまりアクセスなさそうだなあ……。

ということで、結局は利用者数ですよね。
利用者が少なかったら非公開に戻して自分専用ツールにします。

関連するお知らせ


キンセリの姉妹サイト的な感じで運用していた下記の2つのセール情報サイトは、 EBSAIN があれば不要なので更新を停止します。


それぞれのサイトからは EBSAIN への誘導リンクを設置しています。
なお、EBSAIN が非公開になることがあっても復活はしません。

API

アマゾンの商品情報などを取得する API (PA-API) の新バージョン v5 が登場し、旧バージョンは2019年11月30日で廃止になるはずが、2020年2月11日までに延期となり、そしてそれが2020年3月9日までに再度延期となりました。1月31日付けのお知らせで出ていました。

前回の延期報告記事(昨年11月)で「旧版 API でしか取れない情報を使っているやつをなんとかしよう」というような話を書いたのですが、表に出しているものについてはほぼ整理がつきました。が、内部で使っているものに関しては、一部手付かずのものあり。一気にやってしまいたかったけど、現実はなかなか。とはいえ、影響が少ない部分なので、まあぼちぼちと。

過去記事


Kindleセール情報まとめリストを1時間ごとに更新しているページ「キンセリ」が本日2020年1月18日で4周年を迎えました。
みなさん、ありがとうございます!

キンセリ 4周年

この1年をふりかえる


スタートから軌道に乗るまでの3年間については、昨年の3周年記事(【ありがとう】Kindleセール情報まとめサイト「キンセリ」が3周年![2019-01-18-1])に書きました。
本記事ではそれからの1年を振り返ってみたいと思います。

この1年はというと
  • 前の1年と比べると「ガツンと成長」
  • しかし12ヶ月を通して見ると成長がゆるまって「微成長」
でした。

キンセリ開始から2019年12月までの月間PVのグラフです。
2019年になってからそれまでの急激な右肩上がりがなくなって、緩やかになっています。

chart kinseli pv 2016-2019

キンセリへの流入の大部分はウェブ検索経由です。
この1年は、キンドル関連の重要検索ワードでほぼ1位に表示され続けていたため、SEOでの伸び代は無くなっています。
3周年記事[2019-01-18-1]では「たぶん今年前半にはサチるかと」と書いたのですが、まさに予想通りで、記事を書いた直後から頭打ちです。
あとは電子書籍市場の成長の影響を期待するだけ。
しかしそれも伸び悩みそう。
きんどうさんの85ヶ月振り返り記事で成長限界の話がありましたが、キンセリも成長限界に達したのかも知れません。

この先を考える


成長限界突破のためにやるべきことは、「SNSやメディア方面に力を入れる」とか「キンドル本以外の市場を狙う」とかでしょうね。
前者は労働集約型なので現状では無理、面倒、やりたくない。
後者はときどきプロト開発・テスト運用してますが、なかなか難しいです。
とはいっても現実的には、後者の路線でコツコツと何かしら作り続けていくことになるかと。
趣味ですから、そういうのが。

この先1年についてですが、キンセリ自体は表向きの大きな変更には手をつけないかな。
サテライトサイト作ってUIの実験はするかもだけど。
主に内部のコードやデータまわりをどんどん整理していきたいです。
だいぶ整理してきたんだけど、まだまだごちゃごちゃしてるしね。
丁寧に片付けします。

サーバに ssh で入ってのコマンドライン作業が多いので、ブラウザから作業できるUIの整備が重要。
一部はすでにウェブ(自作CGI)から作業ができるのですが、クセが強すぎて自分以外には使いづらい。
課題はたくさんありますが、がんばります。

おわりに


キンドル本のセール情報がわかりづらい中、Amazon APIでセール候補一覧を取得する方法を見つけたのをきっかけにスタートし、「整理されたキンドルセール情報が欲しい」とのネットのみなさまの需要に一部ながらも答えることができ、ここまで存在感を増してきた「キンセリ」。
ネット需要とアフィリエイト収益がうまく重なったおかげで、開発のモチベーションが維持できてここまでこれました。
こういうケースはレアなのですが、類似した分野をまた見つけられたらなと思っています。
(そのためにもネットウォッチ必須、副産物として「ヲハニュース」)

もちろん「キンセリ」も開発・運営・メンテをしていきますので、引き続きよろしくお願いします。
アカバンされたらさようなら、ですが。


API

アマゾンの商品情報とかゲットするための API (PA-API) の新バージョン v5 が登場し、旧バージョンは2019年11月30日で廃止になるとのことで、せっせと作業していたのですが今日になって延期のお知らせが。

2020年2月11日までだってさ。

私としては、11月30日までの移行の目処が立っているので延期されようがされまいがどちらでもいいです。

旧版 API でしか取れない情報があって、それのためだけに2月11日まで旧版を使うって手もあるんだけど、後に憂いを残さないためにも今月中に一気に全面切替してしまう方がいいよな。個人開発だと面倒ごとは一気に済ませて常にTODOをミニマムにしていかねば。

過去記事

この記事に言及しているこのブログ内の記事

API

Amazonアソシエイト公式から、こんなお知らせが。
【2019/09/09: PA-API v5移行のご案内】 PA-API 新しいバージョン(PA-API v5)についてお知らせいたします。 現在PA-APIをご利用の方で引き続きのご利用をご希望の場合、移行手続きが必要になります。 PA-API v5への移行を2019年11月30日までに実施しなかった場合、現在のPA-APIはご利用をいただけなくなります。

これは対応必須ですね。
ということで調査開始。


ドキュメントがあるので、それを参考にしながら、とりあえず新APIを使ってみる。

  • 新しいアクセスキーの取得
  • PA-API v5 の動作確認
    • PA-API v5 Scratchpad (jp) で動作確認 (Web上で)
    • Using SDKのページから PHP 版の SDK 一式をDLして動かす
      • いくつか問題が。例えば、GetBrowseNodes.php が動かない。パスの一部が大文字になっているのを直すと動く。あと、ANCESTOR は取れるけど、 CHILDREN が取れない。などなど。ソースコード見ると作業途中の模様。
    • Scratchpad の Code snippets で良さそう。PHP の Code snippets をコピーして少しいじって使えば十分かと。
    • ということで、サーバでの動作確認ができた

旧APIできていたことが新APIでもできる、ということが、ざっくりレベルですが、確認できました(私が使っている機能・要素に関してのみ)。
私が運営している関連サービスでの旧APIから新APIへの置き換え作業は、この秋、少しずつ進めていきたいと思います。
新APIで新しいこともいろいろできそうなので、それも並行して企画・開発していきたいところ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 [ 次へ ]

たつをの ChangeLog
Powered by chalow