古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
「Raspberry Pi 3 Model B」に「Raspbian」をインストールして起動してネットにつなげるまでの流れ(備忘録)。

ラズベリーパイ始める 2017.12

用意したもの



SDカードのフォーマット


  • micro SDカードを普通サイズのSDカードアダプタにはめて MBA に差し込む
  • macOS付属の「ディスクユーティリティ」を起動
    • SDカードを選択→「消去」→「ex-FAT」→「消去」
    • うまくいかなかったが何回もやったり再起動したりしてなんとかできた

SDカードにOSのイメージを焼く


  • ドキュメントを参考にコマンドラインでやる。
  • MBAのコマンドラインから以下の手順で進む
    % diskutil list
    [...]
    /dev/disk2 (internal, physical):
       #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
       0:     FDisk_partition_scheme                        *15.5 GB    disk2
       1:                 DOS_FAT_32                         66.1 MB    disk2s1
       2:                      Linux                         15.4 GB    disk2s2
    
    % diskutil unmountDisk  /dev/disk2
    Unmount of all volumes on disk2 was successful
    
    % wget https://downloads.raspberrypi.org/raspbian_latest
    
    % unzip raspbian_latest
    Archive:  raspbian_latest
      inflating: 2017-11-29-raspbian-stretch.img
    
    % sudo dd bs=1m if=2017-11-29-raspbian-stretch.img of=/dev/disk2 conv=sync
    
    • wget は30分ほど
    • dd もそれくらい(倍くらいしたかも)

Raspberry Pi 起動


ラズベリーパイ始める 2017.12

  • 以下を本体に接続・挿入してから、電源ケーブル(USB)をつなげる→無事OSが起動
    • ディスプレイ
    • トラックパッド付きキーボード
    • microSDカード (Raspbian セット済み)
  • 無線LANを設定→何の問題もなく世界に繋がる
  • Preference => Mouse and Keyboard Settings でキーボードレイアウトを日本語のにする
  • アカウント
    • ユーザ名 pi パスワード raspberry (デフォルト)
    • ユーザ名 root パスワードは "sudo passwd root" で設定する

環境設定メモ


追記180127:
  • 日本語IMEは "fcitx-mozc"
    sudo apt-get install fcitx-mozc
    sudo reboot
    
  • キーボードレイアウトの変更
    • 「メニュー」→「設定」→「キーボードとマウス」で「日本語」に設定
    • しかし一度何かでクラッシュたのが原因か、設定が反映されなくなる
    • "raspi-config" で変更すると反映されるが、再起動するとやはりダメ
      sudo raspi-config
      
    • 要調査
  • とりあえずのテキスト入力は "Text Editor"
    • 「メニュー」→「アクセサリ」にあるシンプルなメモ帳アプリ
    • 本当は Emacs がいいんだけどそのうち
  • スナップショットの撮影は "Spectacle"
    • 「メニュー」→「アクセサリ」にある
この記事に言及しているこのブログ内の記事