たつをの ChangeLog

873 件 見つかりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 [ 次へ ]

「こども六法」を読みました。子供用に買ったのですが、読んでみたらむしろ大人向きかも。

  • 山崎 聡一郎 (著) / こども六法

    いじめや虐待は犯罪です。
    人を殴ったり蹴ったり、お金や持ち物を奪ったり、SNSにひどい悪口を書き込んだりすれば、大人であれば警察に捕まって罰を受けます。
    それは法律という社会のルールによって決められていることです。

    けれど、子どもは法律を知りません。
    誰か大人が気づいて助けてくれるまで、たった一人で犯罪被害に苦しんでいます。
    もし法律という強い味方がいることを知っていたら、もっと多くの子どもが勇気を出して助けを求めることができ、救われるかもしれません。

    そのためには、子ども、友だち、保護者、先生、誰でも読めて、法律とはどんなものかを知ることができる本が必要、そう考えて作ったのが本書です。
    小学生でも読めるように漢字にはすべてルビをふり、法律のむずかしい用語もできるだけわかりやすくして、イラスト付きで解説しています。

    大人でも知らないことがたくさんある法律の世界、ぜひ子どもと一緒に読んで、社会のルールについて話し合ってみてください。

基本的には主要な法律、憲法、いじめ防止対策推進法の子供でもわかるレベルの要約(ふりがな付き)とコラムという内容。小学生にも関係する、学校での権利侵害に重きを置いているのが本書の特徴。お子様のいるご家庭には、目のつく場所に1冊あるといい本ですね。

読み込むには小学生高学年くらいの理解度がいるかな。うちの子はまだ小3なので、絵のあるページだけ読んでいる感じだけど、今はそれで十分。

法律まわりをあまり勉強してこなかった私としては、「なるほどそうだったのか」と思えることも。債権・債務の考え方とか。文系学部出身の人にとっては常識でしょうが。

欲を言えば、著作権法とかの話もあれば良かったかも。別途子供向けのネット関連法律の本が出れば良いのか。すでにありそうですね。

こども六法

目次:
  • 第1章 刑法
  • 第2章 刑事訴訟法
  • 第3章 少年法
  • 第4章 民法
  • 第5章 民事訴訟法
  • 第6章 日本国憲法
  • 第7章 いじめ防止対策推進法
  • いじめで悩んでいるきみに

1月24日発売の、堀正岳ことメホリ氏(@mehori)による新著です。著者よりいただきました(経緯は後述)。

  • 堀 正岳 / 仕事と自分を変える 「リスト」の魔法

    誰もが意識しないほど簡単で基本的なツールだからこそ、「リスト」は、誰にでも使うことができ、その恩恵には限りがありません。

    そして、簡単に実践できるのに、これまでできなかったことを可能にして、いままでできていたことをより高いレベルで可能にする――。
    そんな魔法のような力がリストにはあるのです。
    本書では、この「魔法」を簡単に扱えるようにする方法を紹介しました。

    ・仕事がラクに捌けるようになる「やることリスト」
    ・心を空にしてラクになる「ブレインダンプのリスト」
    ・ありがちな失敗を未然に防ぐ「チェックリスト」
    ・本の内容や自分の思考をロジカルに把握する「構造化のリスト」
    ・夢(目標)実現への道が見える「バケツリスト」 ・・・

    「箇条書きのリスト」がもつ2つの力(スッキリ化・ハッキリ化)で、自分の人生を「拡張」できるのです。

紹介


昔からある古い方法である、「箇条書きのリスト」。TODO管理、作業チェックリスト、GTD、頭の中身の洗い出しなど、リストに基づくライフハックは古今東西多種多様。本書では、そんな「リスト」について、定番の基本的な使い方の紹介やうまく運用するためのノウハウだけに止まらず、本質を探ったり、最近の動向なども紹介している、全編リストずくめのリスト本です。つまりは、ザ・リスト本。「リストから人生へ」、人生はリスト。

2017年の『ライフハック大全』、2018年の『知的生活の設計』と比べると、読み物の側面が強いですね。前2作の方は構成がフラットなリストな感じ。本作は構造化されたリストみたいな。後書きによると、本作は「テクニックの先」へと向かうことが裏テーマとのこと。


この三冊は、まさにライフハック三部作、本作が最終巻といった趣なのですが、実際はそのような事実はなく、機会があればまだまだ書くそうです。楽しみです。

豚組しゃぶ庵 リストの魔法

メホリさんのライフハック本三冊が未読な方は、この『「リスト」の魔法』を最初に読むのをお勧めしたいです。仕事にしろ人生にしろインプットにしろアウトプットにしろ、やはりリストまわりを押さえておくのが一番重要だと思うので。

公式言及


ネットでの公式言及リスト(著者や出版社など)。随時追記するかも。


読書メモ


自分用の読書メモ。あとで思い出すためのキーワードリスト。

  • リストの効果
    • スッキリ化: スッキリスト
    • ハッキリ化: ハッキリスト
  • 種類
    • すでにわかっていることを書く
    • まだ意識していないことを引き出す
  • バレットに使われる記号: p.37, p.237
  • リストには必ずタイトルをつける
  • ツール紹介
    • #私は、紙だとリーガルパッド、デジタルだとAppleのリマインダー、および、テキストファイルを使っている
  • やることリスト
    • タスクの書き方は、SMART を意識
    • 〇〇を考える => とりあえず3つ書いてみる
    • コンテキストごとのリストを用意しておく
    • タスクの粒度はそのときの心理状態次第
    • 「Doing リスト」: ページは縦に2分割。左は今集中するやることリスト、右は割り込みによるペンディングリスト
    • 「アイゼンハワー・マトリクス」: 重要と緊急の二軸で評価するやつの名前
  • 心配事から解放してくれるリスト
    • 頭の中をすべて書き出すリスト
    • 「ブレインダンプ」: 頭の中身をダンプ
    • 「トリガーリスト」: 頭の中のものを引き出すきっかけの質問集みたいなもの
    • 「チェックリスト」: 手順書の側面
  • 思考と記憶を拡張するリスト
    • 「リスティクル」: list + article = listicle / Ex. XXするための7つの方法
    • 構造化リスト・構造化文書
  • 自分をより深く知るためのリスト
    • 「ラピッドロギング」「バレットジャーナル」
    • 分人思想
      • #リマインダーを分割してみた
  • 夢をかなえるためのリスト
    • 「バケツリスト」: 生涯の夢を書いたリスト
    • 「Not to do リスト」: やらないことリスト、なにをしないかリスト
    • 「パーソナル・クレド」

出版記念新年会


本書の発売前日である1月23日の夜に、出版記念新年会的なものが六本木の豚組しゃぶ庵で開催され、そこにご招待いただきました。ごちそうさまでした。

豚組しゃぶ庵 リストの魔法

その場で、翌日発売の新著(紙版)をいただいたという次第です。ありがとうございました。

写真豊富、手書きの地図がわかりやすい、解説もちゃんとしてる実地レポート。
著者はバイクでまわっていますが、一部エリアは公共交通機関と徒歩で可能。

  • 房総半島素掘りトンネルナビ: 林道に静かにたたずむ神秘の“穴” | 和田 亜希子

    千葉県・房総半島の林道には、江戸時代~戦前にかけて掘られた「素掘りトンネル」が多数、昔の姿のまま残っています。内壁をコンクリで覆われておらず、岩肌や地層が剥き出しとなり、時には堀跡も生々しく残る素朴なりトンネル。その個性的な姿と野性味にあふれた空間は人々を魅了し、バイクや自転車でツーリングを兼ねて訪れる人達も増えています。

私自身は、直近には行くことはなさそうだけど、読むだけで楽しめました。
手掘りの痕跡が残っている壁などロマンがありますよね。
あと、(著者以外の)どこかで見たことある方々も写真に登場してて、意表を突かれました(笑)

なお、1月22日(水)17時から24時間、キンドルストアで無料配信されます。
Kindle Unlimited でも読めますよ。

Kindle で読みました(意識高い)。

  • 小口覺 / ちょいバカ戦略―意識低い系マーケティングのすすめ―(新潮新書)

    お高くとまってちゃモノは売れない。高い意識をアピールし、結果は憤死という製品が数多ある一方、消費者の欲望を直撃して、大ヒットするものもある。この違いは一体何か? これぞ「意識低い系マーケティング」の真髄だ。ヒットした商品、成功した企業に共通する、ちょっと見はおバカでもその実、したたかな戦略とは。視界が一気に開ける逆転のビジネス書。

本書は「意識高い/低い」をキーワードとしてマーケティングを語る本。ものごとを意識の高低で分析して最適な戦略で行きましょう、という話。著者はライターで、「DIME」「東洋経済オンライン」「(旧)日経トレンディネット」などでよくお見かけします。

意識の高低の説明では「キャズム」の話もでてきてちょっと強引感もありましたが、基本的に「人々の意識の高低に注目したマーケティング手法」を事例ベースで読者に説明していく本です。流石に活躍中のライターなだけあって、出てくる事例がタイムリーで豊富でわかりやすくて面白くて、そしてなんだかんだで納得できました。「意識の高低なんてどうでもいい」と思っている人も、近年のマーケティング事情を事例で知る、という観点で読むと得るものがあるかと。

キーワード(?)としては、「ドヤ家電」「ズボラ家電」「意識高い系の罠」「わかる人にだけわかればいい」「バカでもわかること」などなど。うん「ドヤ家電」、うちにもあるわ、ドヤりたい!

復習と知識アップデートの目的で、技術書コーナーから借りて読みました。


教科書として良くまとまっていますね。
今回読んだのは「改定新版」ではなく「旧版」(2013)でしたが、知らなかったことやうろ覚えなことがたくさんあってためになり、読む前に決めた目標を達成しました。
改定新版では、レスポンシブWebデザインの話とかあるそうなので機会があったら目を通します。


以下、自分用メモ。
擬似クラス nth-child
table tr:nth-child[2d] { background: #888; }

連続した見出しのマージン調整
h2 + h3 { marin-top: -20pt; } # h2の直後に隣り合ったh3に対する指定

上下マージンの重なり。
"margin-bottom: 20px" の下のが "margin-top: 50px" だったら大きい方(50)が使われる。
70にはならない。

段落の字下げ。
p { text-indent: 1em; }

ol の開始番号。
<ol start="-2">...</ol>
<ol reversed="reversed">...</ol>
<ol><li>...</li><li value="99">...</li>...</ol>

リストによるドロップダウンメニュー。
<nav>
<ul class="clearfix">
<li>aaa<ul><li>xxy</li><li>yyy</li><li>zzz</li></ul></li>
<li>bbb<ul>...</ul></li>
<li>ccc<ul>...</ul></li>
</ul>
</nav>
nav ul li { display: block; float: left; }
nav ul li ul { display: none; }
nav ul li:hover ul { position: absolute; display: block; }
nav ul li ul li { float: none; }

パンくずナビゲーション。パンくずリスト。
<nav>
<ol id="breadcrumbs"><li>...</li><li>...</li><li>...</li></ol>
</nav>
ol#breadcrumbs li { display: inline; list-style-type: none; }
ol#breadcrumbs li:after { content: ">"; }
ol#breadcrumbs li:last-child:after { content: ""; }

label 要素。テキスト部分クリックでもチェックつく。
<input type="checkbox" name="..." value="..." id="bar">
<label for="bar">ばばばばば</label>

フォームを構成する input などの要素はブロックレベル要素に入れる
<form action="...">
<p><input type="text ...></p>

新しい type 属性。
<input type="..." ...>
search, tel, url, email, date, time, datetime, range, color など

要素のグループ化。
<div id="header"> <div id="navi"> ...
=> <header> <nav> <main role="main"> <aside> <footer>

article, section
<article><h1>aaa</h1><p>aaaaaaa</p>
<section><h2>bbb</h2><p>bbbbbb</p></section>
<section><h2>ccc</h2><p>cccccc</p></section>
</article>
<article><h1>kkk</h1><p>kkkk</p>
<section><h2>lmn</h2><p>ppppp</p></section>
...

clearfix おまじない。#仕様になって欲しい
.clearfix { zoom; 1;}
.clearfix:before, .clearfix:after { display: table; content: ""; line-height: 0; }
.clearfix:after { clear:both; }

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 [ 次へ ]

たつをの ChangeLog
Powered by chalow