古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
日垣隆 / すぐに稼げる文章術


文章術という側面からは、
- 短い文章の前をわざと長くしてリズムをつける、
- 原文どおりの引用には《》が便利、
- 「いう」と「言う」の使い分けはsayで置き換えられるか否かで、
- 「いずれにしても」はNGワード、
など実践的なアドバイスがいろいろ。ためになります。

私好みな話として、書き換えネタが載っていたの紹介(p.79)。
エッセイと論文での表現の書き換え。「エ」がエッセイ、「論」が論文。
- エ「このあたりについて考えてみたい」
  論「本節では以上のことが論じられる」。
- エ「話がぐちゃぐちゃになってきた。ここまで書いたことを消すのは
      もったいないからそのままにしておくが、できたら忘れてほしい」
  論「議論が盤根錯節の観を呈してきたので、原点に立ち返って議論の
      道筋を確認しておきたい」
- エ「小林はバカだ」
  論「小林の見解には再考の余地が残る」
(ref. [を] 仕事の禁句変換辞典-モノは言いよう[2006-10-25-4])

「得意」と「余裕」の関係について(p.158)。
私の定義では、物事を「得意だ」と言えるかどうかは、
60%の力だけで完成させられるかどうかが分かれ目だと思います。
これは同意です。頑張って100%の力でやったらどう考えても続かないか、
体を壊します。冬だったらすぐ風邪ひくよね。

関連:
- 日垣隆公式サイト ガッキィファイター
  http://www.gfighter.com/
- 404 Blog Not Found:すぐに稼げる文章術
  http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50704124.html
- 参考文献リスト - すぐに稼げる文章術
  http://astore.amazon.co.jp/sankousiryou-22?%5Fencoding=UTF8&node=1
この記事に言及しているこのブログ内の記事