たつをの ChangeLog

136 件 見つかりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 [ 次へ ]

アマゾン amazon

2018年10月上旬から、アマゾンアソシエイトのレポート画面において、「本日」の注文レポートが表示されなくなっています。

本日の注文レポートのページには「成果データがありません」と表示され、データは見られません。「本日」以外なら、例えば「昨日」や「今月」だとちゃんと表示されます。仕様変更なのかエラーなのか分かりませんが困ったものです。

とはいえ、「レポートをダウンロードする」から「本日」の注文レポート(XMLやCSV)をダウンロードしてみると、そこにはちゃんと今日の注文情報が入っています。ウェブページからすぐに見られるという手軽さはないですが、データ自体はちゃんとあるみたいで、やっぱ仕様変更ではなくエラーなんでしょうね。

追記181012: 「レポート」→「今年」→「紹介料」→「注文レポート」でなぜか当日の注文が表示されました。注文数だけでなく、注文商品も見れます(日付をクリック)。「今週」「今月」「現四半期」ではダメ。「今年」だけです、当日注文が見れるのは。

追記181013: 表示されるようになりました! よかったー!

私の管理するサイトのRSSファイル (index.rss) を chrome で開くと文字化け。Chrome の拡張機能「テキストエンコーディング」を入れても正しくUTF-8に変換されない。

そもそも chrome では「*.rss」はテキストファイルとして開かれて、文字コード認識が失敗&修正不可になるみたい。サーバ側で HTTP header に UTF-8 と入れれば良いらしいんだけど、当該環境ではいじれず。

ふと思い立って、同じファイルを拡張子「*.xml」にしたら XML として認識されきれいに表示された。ということで、サーバ側の当該ディレクトリでこうした:
ln -s index.rss rss.xml

なんかいろいろと腑に落ちないけど、仕方ない。今後はとにかく拡張子は .xml にしていく(HTTP header いじれない環境では)。

今更ですが、今年は家庭内での様々な用途でグーグルスプレッドシートを活用する所存です。
で、curl や wget を使ってTSV形式でダウンロードできたらスクリプトで処理しやすいなと思い、その方法を調べました。

基本


google spread sheetでcsvの export urlを出力する - Qiita」より。

スプレッドシートのURL:
https://docs.google.com/spreadsheets/d/{sheet_id}/edit#gid={page_id}

curl でダウンロード:
curl -L -o a.csv 'https://docs.google.com/spreadsheets/d/{sheet_id}/export?format=csv&gid={page_id}'

TSV が必要なときは format を tsv にすればOK。

実行例



医療費メモサンプル

% curl -s -L -o a.tsv 'https://docs.google.com/spreadsheets/d/1izPxc4jLKUMWiZbtSB_LVHbOfux05zLGfcg_flrHSx8/export?format=tsv&gid=0'

% cat a.tsv
日付	誰	項目	金額
2018/1/5	太郎	巨大病院	6460
2018/1/5	太郎	地元薬局	390
2018/1/7	花子	近所整形外科	770
2018/1/10	太郎	隣町歯科	2760
2018/1/12	花子	近所整形外科	770
2018/1/22	花子	近所整形外科	770
2018/1/22	花子	地元薬局	870
2018/2/1	太郎	巨大病院	1040

% tail -n +2 a.tsv | perl -F"\t" -anle '$h{"$F[1]\t$F[2]"}+=$F[3]; END{print map{"$_\t$h{$_}\n"}keys%h}'
太郎	巨大病院	7500
花子	近所整形外科	2310
太郎	隣町歯科	2760
太郎	地元薬局	390
花子	地元薬局	870

関連記事



Windowsでのフォルダのバックアップの最近の手軽な方法。
コマンドプロンプトで操作。
私は Windows 7, PowerShell にて。

robocopy

  • 基本操作: robocopy "コピー元" "コピー先"
    robocopy c:\test\a c:\test\b
    robocopy c:\doc \\fs\backup\doc
    
    • コピー元にある中身をすべてコピー先にコピーする。
    • すでに存在するものはコピーしない。
    • 日付や大きさが異なる場合は上書きコピーする。
  • "/mir" オプション: robocopy /mir "コピー元" "コピー先"
    robocopy /mir c:\test\a c:\test\b
    
    • ミラーオプション。
    • コピー先に余計なもの(コピー元にないもの)があれば削除する。

参考


Mac OS X でのスクリーンロックの方法。

mac os x screen lock

「control」「shift」「power」の3つのボタンを同時押す、または、メニューバーの鍵アイコンからロックする。

ボタン同時押し


「control」「shift」「power」の3つのボタンを同時押し (MBA)。
「power」ボタンはウルトラマンみたいな記号のやつで、キーボードの右上にある。

キーボードからスクリーンロック MAC OS X

事前の設定:「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「スリープと...にパスワードを要求」をチェック。

鍵アイコン


メニューバーの鍵アイコンをクリックし「スクリーンをロック」を選択。

メニューバーの鍵アイコンからスクリーンロック(Mac OS X)

事前の設定:「アプリケーション」→「その他」→「キーチェーンアクセス」を起動、キーチェーンアクセスの「環境設定」で「メニューバーにキーチェーンの状況を表示」をチェック。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 [ 次へ ]

たつをの ChangeLog
Powered by chalow