たつをの ChangeLog

233 件 見つかりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 [ 次へ ]

これ、数年前に話題になったときに読んだんだった。「シンギュラリティが来る!」という主張について、状況証拠を積み重ねての、説得力ある内容。技術を中心とした未来予想の本としても楽しめます。エッセンス版でもなかなかのボリュームで、正式版だとけっこう読むの大変なんだろうな。確かにシンギュラリティが来るってのには納得させられました。2045年かどうかはともかく、今世紀中には来るでしょうね。

レイ・カーツワイル / シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するとき

2045年、AIが人類の知性を上回り、ついに私たちは生物の限界を超えてシンギュラリティへと到達する―フューチャリストとして技術的特異点の到来をいち早く予見し、現在はAI(人工知能)の世界的権威としてGoogle社でAI開発の先頭に立つレイ・カーツワイル。彼が世界に衝撃を与えた600ページ超の名著『ポスト・ヒューマン誕生』のエッセンスを抜き出した決定版。

で、シンギュラリティが来るという話は数年前に某社の某会長が社員大会で最大限の熱量で力説していました。界隈では「孫ギュラリティ」などと言われたり。また、英語タイトル「Singurality Is Near (シンギュラリティは近い)」をもじって「Songurality Is Hair (孫ギュラリティ・イズ・ヘアー)」なんてのがうちわでバズったりしてました。

シンギュラリティというのは、人間とテクノロジーの融合とかそういうの。

本書より、「シンギュラリティ」を説明している箇所をいくつか。
シンギュラリティとはなにか? それは、テクノロジーが急速に変化し、それにより甚大な影響がもたらされ、人間の生活が後戻りできないほどに変容してしまうような、来るべき未来のことだ。それは理想郷でも地獄でもないが、ビジネスモデルや、死をも含めた人間のライフサイクルといった、人生の意味を考えるうえでよりどころとしている概念が、このとき、すっかり変容してしまうのである。
シンギュラリティとは、われわれの生物としての思考と存在が、みずからの作りだしたテクノロジーと融合する臨界点であり、その世界は、依然として人間的ではあっても生物としての基盤を超越している。 シンギュラリティ以後の世界では、人間と機械、物理的な現実と 拡張現実(VR)との間には、区別が存在しない。
ンギュラリティ ── 人間の知能が、非生物的知能と融合して、何兆倍も拡大するとき ── がこれから数十年の間に到来するという予測は、
こうした理由から、シンギュラリティ ── 人間の能力が根底から覆り変容するとき ── は、二〇四五年に到来するとわたしは考えている。

Wikipedia「技術的特異点」より。
技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、英語:Technological Singularity)、またはシンギュラリティ(Singularity)とは、未来学上の概念の一つである。端的に言えば、再帰的に改良され、指数関数的に高度化する人工知能により、技術が持つ問題解決能力が指数関数的に高度化することで、(頭脳が機械的に強化されていない)人類に代わって、汎用人工知能あるいはポストヒューマンが文明の進歩の主役を担い始める時点の事である。

参考


恒例の池上彰本、現状認識のアップデートとして今回も読みました。
いつも出てからだいぶ経ってから気づくのですが、今回はKindleで予約していたので配信開始日にゲット!
次回からもこの調子で行こうかと。

知らないと恥をかく世界の大問題 (10) 転機を迎える世界と日本

人気シリーズ第10弾。日本では平成から令和へと新しい時代に移る。しかし、先行き不透明で内向きになっている世界。今こそ歴史に学び、未来を拓くために世界が抱える大問題を知る必要がある。そのための解説本。

やはり「米中新冷戦」。
本格的に始まった感がします。
歴史の転換点かどうかはともかく、一つの節目と言えそうです。
あとから振り返ったら。

ペンス演説は、いわば「中国への宣戦布告」。これには民主党も反対していません。よって、国としての大方針です。
米中の関係が劇的に変わる、まさに歴史の転換点 といえるでしょ

関連記事


出版当初から読みたかったんだけど、電子書籍版がなかったので諦めていたら、最近になって Kindle に出ていたので読みましたよ!

のんくら(早川修), a-ki, 石田健介, 染谷昌利 / Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

Google AdSenseは、自分(自社)のWebサイトに広告を掲載すれば収益を得ることができるので、企業や個人を問わず、多くのサイトで活用されています。

しかし、入門書は数多くあるものの、初級レベルから脱し、「稼ぎ続ける」方法を紹介するような一歩先の内容を解説したノウハウ書はこれまでありませんでした。

そこで本書では、AdSenseでメシを食べてきた(マネタイズしてきた)その道のプロ4人による、「10年先も稼ぎ続ける」ための実践的なノウハウと考え方を紹介します。

Google AdSenseでの収益化で多くのユーザーがつまずく箇所から、すでに毎月一定額の報酬を得ている読者がワンランク上の報酬を獲得するためのヒントまで、役立つ内容が満載。

トップレベルの執筆陣が、「サイト運営を事業として成立させ、生活できるだけの安定した収益を稼ぐ方法」を詳しく解説する、貴重な一冊です。

アフィリエイトではなくアドセンスでの収入にフォーカスした、情報サイト・ミニサイトの作り方(計画・設計・実装)や、そもそものアフィリエイトについての詳しい話など、ゼロから始める人には実践的な内容になっています。それなりに詳しい個人サイト運営者にとってもプラスになることが確実にあるかと思います。私にとっては知ってる話も多かったのですが、SEOやアドセンスまわりについて「おお、こんなのあったのか」という話もあって、かなりためになりました。

「はじめに」より:
これまで出版されてきたGoogle AdSenseに関する本の多くは、どうやれば収益が増やせるのかといった「稼ぐためのノウハウ」を中心に書かれたものが大半ですが、この本は「Google AdSenseの収益が安定する『オーソリティーサイト』作成のノウハウ」を中心に書いています。オーソリティーサイトとは、「ナンバー1ではなくオンリー1のコンテンツがある」「『○○といえばこのサイト!』と一番に思い出してもらえる」サイトのことをいいます。
ゴミのようなサイトを量産するのではなく、しっかりまとめて、長く定番として認識されるサイトを作ってマネタイズしていく。長い目で見れば最終的にはまともな使えるサイトが生き残るわけで、世の中に利便性を提供しつつお金も稼ぐ。まさに「王道」です。

第1章より、個人サイトの「勝ち目」について。
質より量が勝っていたこれまでの時代は、大手企業が圧倒的に有利でした。大手の潤沢なリソースに対して、個人や小さな会社のリソースでは絶対に勝ち目はなかったからです。
 しかし、質が求められる時代に変化した今、コンテンツの質で勝負できるということは、個人や小さな会社にとって工夫次第でいくらでも勝負できるようになったことを意味するのです。
低品質の物量攻勢なジャンルはまだたくさんありますが、戦う場所を間違えなければ努力でなんとかなる、とのこと。

それはそうと、アドセンスは思うところあって、過去にブログから全削除しました。(ref. [2016-10-24-2])

とはいえ、他の個人運営サイトにはそのまま張り続けていたので、その後も小さい額の収入が続きました。数ヶ月に一度くらい振り込み額に達して振り込まれる、という感じです。となると、12月と1月のがまとめて振り込まれるとかなるじゃないですか。年をまたぐと、確定申告の処理がシンプルじゃなくなって嫌だなあ、と思うようになりました。

で、それを防ぐために、「毎月支払われる分の収入」を確実に得られるよう調整しました。全削除していたブログのアドセンスはしれっと復活。あと、典型的ツール型サイトの「キンセリ」(アマゾンアフィ収入メイン)のトップにもアクセス数の少ない曜日にだけ張ってます。おかげでなんとか毎月振り込まれるようになりました。これこそ心理的安全ですね!(意味違う)

関連記事


目次

  • はじめに
  • CHAPTER_1:長期間アクセスが集まり続ける「テーマ」の選び方
    • 01. Google AdSenseは大きく稼げない?
    • 02. 収益は「上げる」より「維持」が難しい
    • 03. 「数が勝負」の考え方では大きくは稼げない
    • 04. アクセス数は「テーマ選び」で9割決まる
    • 05. テーマが決まったらやるべきこと
  • CHAPTER_2:アクセス数を安定させる「SEO戦略」
    • 06. 検索ユーザーだけに頼っていると、アクセスはいつまでたっても安定しない
    • 07. 順位を上げてアクセスを集める、具体的なノウハウ
    • 08. Googleのアルゴリズムを意識したコンテンツ作り
    • 09. ロングテールは狙うものではなく、結果的に拾われるもの
    • 10. アクセスが多い、複合ワードを狙う
    • 11. 検索結果の1ページ目に入ったら、次は上位を狙おう
    • 12. 順位決定に最も影響するユーザーの行動とは?
    • 13. 検索結果で自分のサイトのクリック率を上げるコツ
    • 14. 記事には答えだけでなく質問も記載する
    • 15. 即離脱を減らして順位を上げる
    • 16. サイトの滞在時間を延ばす方法
    • 17. SEO戦略のまとめ
  • CHAPTER_3:読者にも検索エンジンにも好まれる「サイト構築法」
    • 18. 良質なコンテンツって、いったい何?
    • 19. リピーターを増やし、安定するサイトを目指そう
    • 20. 「コンテンツの表示速度が重要」の本当の理由とは?
    • 21. 目次の役割と項目の最適化
    • 22. サイトデザインとユーザビリティの考え方
    • 23. 理想的なサイト構造とは?
    • 24. これからの時代はコンセプトや構造が優れたサイトが生き残っていく
    • 25. ハイブリッド構造とは?
    • 26. 10年先も生き残るAdSenseサイト構築
    • 27. 各コンテンツを公開した後にチェックしておくこと
  • CHAPTER_4:稼ぎ続けるための「AdSense」の運用方法
    • 28. インターネット広告の市場動向
    • 29. ディスプレイ広告からネイティブ広告へ
    • 30. ネイティブ広告とは何か?
    • 31. AdSenseネイティブ広告の活用方法
    • 32. ディスプレイ広告の活用方法
    • 33. 自動広告の活用方法
    • 34. レポートの見方、効果検証の方法
  • CHAPTER_5:「オーソリティーサイト」になって信頼と権威を積み重ねよう
    • 35. オーソリティーサイトとは何か?
    • 36. 情報が主役のサイト(=情報サイト)を作ろう
    • 37. テーマ設定と情報収集
    • 38. フロー情報とストック情報
    • 39. アウトプットを3形態で考えてみよう
    • 40. ブログ型コンテンツ
    • 41. 完結型コンテンツ
    • 42. ツール型コンテンツ
    • 43. 3つの形態を組み合わせる
    • 44. 競合対策の考え方
  • CHAPTER_6:10年先も安定して稼ぐために
    • 45. リスクヘッジを意識したサイト運営
    • 46. サイトの弱点を補って安定したアクセスを集めよう
    • 47. AdSenseの最大の敵は一喜一憂する自分
    • 48. 躓きそうになったときの対処法
    • 49. サイトが安定する情報が集まる思考
    • 50. アクセスが集まるオーソリティーサイトを作ることで、可能性が広がる
  • おわりに

本書は、「文春オンラインというウェブ上の連載をまとめて修正・加筆した」ものです。連載時の記事は私もオンタイムで読んでいました。半年前や下手すれば2,3週間前ですら懐かしさを感じてしまうネット界隈脳な私ですが、書籍化されたものを読んであまり古さを感じないのは、たぶん(主にネット界隈の)時事ネタが少なくなってるからでしょうね。かなりの加筆修正を感じますし、新鮮味すら感じます。

しみじみするポイントがたくさんある本です。著者の考え方すべてに賛同できるわけではないですがいろいろと刺さります。アラフォー、アラフィフ男性が連載の読者層のほとんどだとのことですが、まさに私もそうだし、そういう人たちに勧めたいですね。届くべきところに届く、ということで落ち着くかと。自然の摂理ですかね。

山本一郎 / ズレずに生き抜く 仕事も結婚も人生も、パフォーマンスを上げる自己改革

「あるある」「上層部に読ませたい」「励まされた」など30代、40代の共感の声多数。
うまくいかない、おかしい、腹が立つ。仕事、会社、人生、社会でズレているのは自分?それとも…。
文春オンラインの人気著者による、時代と自分のズレを 認識し希望に変えるための必読書!

電子書籍版前書き。読み物の媒体の変遷や読者層や市場細分化やリテラシーやそういう話。世の中は劇的に変わってるんだろうけど、見える範囲でしか分からない。分断はどんどん進んでくんだろうけど、とりあえず生き残り続けるしかないか。あと、ふと「財布へのインフルエンサー」というフレーズが頭に浮かんだが、ただそれだけ。

しみじみポイントの例。
世の中には、何かを達成するモチベーションとして「何かが足りておらず、絶望する」というコンプレックスから入る人が少なくありません。これを見ていると結局は「なりたい自分」はあるけど「そうでない自分」を受け入れていく、その過程そのものが人生、ということなのかなあと感じるのです。
中年になると、縦軸に「得意か、不得意か」を、横軸に「好きか、嫌いか」を置いて、仕事でも趣味でもマトリックスができるようになっていって、自然と得意で好きなこと以外しなくなっていくのです。金を使うのも時間をかけるのも限られた、おっさんという状況の中で最大限の効率を求めなければならないのは、削られゆくプライベートの時間です。
そういう「しなくてもいいことをしない」ことが一番大事なんじゃないかと考え至りました。

目次:
  • 【第1章】 仕事観のズレ
    • 部下がついてこない人の「失敗の本質」
    • 勉強する力が求められ、必要とされている時代に
    • どうすればベテランとうまく仕事ができるのか?
    • 頭のいい人たちが集まっているはずの組織がやる、馬鹿なこと
  • 【第2章】 人生観のズレ
    • 休むのが下手で、頑張れば上手くいくと思い込み過ぎ
    • 「我慢する」より「好きなことだけしてる」人生の価値
    • この時代「人生のデザイン」なんて、できるのか
  • 【第3章】 企業観のズレ
    • 若者に、いまの年寄りの人生アドバイスは役に立たない
    • 裁量労働制でも変わらない日本の封建的労働環境
    • 「ダイバーシティ」の世の中で通用しない組織論
    • 「人工知能が採用面接で人間を見抜く時代」の欺瞞と憂鬱
    • ベンチャー企業の落日から長期経営について考える
  • 【第4章】 世代観のズレ
    • 高齢化問題は、実は「30代と40代の問題」
    • 無かったことにされる「男の育児」と「高齢者問題」
    • 育児に労働に疲れ果てる女性と、所得が低いと馬鹿にされる男性
    • 通勤ラッシュの赤ちゃん「日本は育児に冷たい」の妥当性
  • 【第5章】 結婚観のズレ
    • 契約結婚サイトに見る修羅と煉獄
    • 「絶対に成功しない婚活」×「必ず結果を出す正しい努力」
    • 「わたし、肉食だから」と自称する女の人について
  • 【第6章】 時代観のズレ
    • この時代の新しい被差別階級「おっさん」
    • 「社会的に許されること」の許容量が減っている
    • オタクがオタクでなくなるとき
    • 無い才能の、見切り方

恒例の池上彰本、現状認識のアップデートとして今回も読みました。
って、9が出たのはほぼ1年前。
すっかり忘れてました。

池上 彰 / 知らないと恥をかく世界の大問題 (9) 分断を生み出す1強政治

「アメリカ・ファースト」ならぬ「トランプ・ファースト」が世界を混乱に陥れている。緊迫化する中東、東アジア情勢。その裏で世界の指導者の独裁化が進む。分断、対立、そして民主主義の危機……。この流れにどう立ち向かえばいいのか?

この間に選挙、会談、改元などあれこれあって、若干古い内容にはなっていますが、やはり最近の出来事を「歴史」として眺めるにはこのくらい寝かせるのがいいのかも。

てなこと言ってますが、10は出たらすぐ読みます。
基本は情報アップデートが目的で読むものなので。
雑誌感覚。

関連記事


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 [ 次へ ]

たつをの ChangeLog
Powered by chalow