たつをの ChangeLog

10 件 見つかりました。

1 2 [ 次へ ]

レンタルサーバへのSSHアクセスして簡単な作業を行うためのiOSのターミナルアプリとして、「Prompt」(有料)というのを便利に使っていたのですが、iOS 11 では使えなくなってしまいました。後継アプリ「Prompt 2」(有料)なら大丈夫。ただし、会計上の理由で購入するとしても来年1月以降になります。

Termius iOS SSH

で、とりあえずのものとして、無料のSSHターミナルアプリを探して見つけたのがこれ、「Termius」。使ってみた感じ、これって結構良いかも!


キーボードのカスタマイズもできます。

Termius iOS SSH

emacs ユーザなのでとりあえず、「^x」「^c」などを設定。「^H」はバックスペースです。「tab」はシェルで多用。

Termius iOS SSH

日本語文字も通りますね(若干動作がいまいちですが)。ふむ、iPhone・iPadからバリバリ書かないのならこれで十分かもしれない。

追記180105: iPad 10.5 での日本語入力の様子:



macOS 版もあります。「App Store」から入手可能。ただし、日本語文字(IME)が通りません。コピペなら大丈夫。Terminal.app の置き換えには至らず、惜しい。

関連記事


古い iPhone を使って長期間の定点観測(インターバル撮影)したい。
カメラアプリのライムラプス機能は撮影間隔指定できないので今回はNG。
画質は問わない。

静音定点観測カメラアプリ

iTimeLapse という昔買ったアプリがあるんだけど、毎回シャッター音がなって使い物にならない。
iOSのインターバル撮影アプリはいろいろあるけど、ほとんどのものは毎回撮影音が鳴る。
日本、困る。

で、シャッター音が鳴らない無料のアプリを試してみた。
2つ。

  • 観察カメラ(静音)
    • インターバル撮影での写真はカメラロールへ。
    • アプリのアップデートは2年前。
  • beeCam Easy連写
    • 撮った写真はアプリ内のフォルダへ保存。
      • カメラロールへまとめてコピーできる。
      • タイムスタンプはコピーした時間となる。
    • 撮った写真からの動画生成が機能していない。
    • アプリのアップデートは2年前。

どちらも最近アップデートがないのがアレだけど、とりあえず動く。
よりシンプルな「観察カメラ(静音)」を使っていくことにする。

カメラロールにたまっていく写真を動画にするには、GIFアニメ作成アプリを使えばOK。
gif以外に普通のムービーも出力できるものがほとんどかと。
ImgPlay というアプリを使っている(無料アプリだがロゴ入る、有料で削除可)。

関連記事


撮った動画をペタペタ繋げるだけのシンプルな動画編集アプリ、というのがiPhoneを使い始めてから私の中で常にある需要。

iPhone の出始めには ReelDirector というアプリを気に入って使っていたのですが、無くなっちゃいました。その後、短い動画なら Vine が便利な時代があったりもしましたが、6秒以上の動画だとなかなか。

で、今は Splice。

GoPro Splice


3,4年くらい前から使ってます。最近 Go Pro が買収したみたい。シンプルで使いやすい動画編集アプリです。iMovie みたく重くない!

使い方とか機能紹介とか


動画・写真を複数選択して取り込みます。

Splice Splice

画面遷移の効果(トランジション)もいろいろ。数秒の短い動画を繋ぎ合わせるときは「なし」にすればOKです(Vine みたいな使い方)。

Splice

動画自体の編集もいろいろ。長さ(トリミング)、ズーム、速度(0.2-2.0倍)、フィルタ、文字などなど。私はあまり使わないけど。トリミングはデフォルトの写真アプリでやるしな。

Splice Splice Splice

動画ではなく画像も使えます。写真をじわっと拡大・縮小できるので、写真だけで動画作れます。

音も足せます。が、私としては DropBox など外部サービスから音データをインポートする機能が欲しいなあ。そうすれば、別途録音した音声データを iPhone だけで動画化してYouTubeに簡単にアップできるんだけどなあ。

Splice Splice

最近の作例






おわりに


以上、Splice のご紹介でした。
複数の動画をパパッと取り込み並べかえて繋げて1本の動画にするという、「動画くっつけアプリ」のファイナルアンサーかと。

関連記事


いろんな環境音・ノイズを出せるiOSアプリ「Noisli」。
ライフハック大全」で紹介されてました。
有料(現在240円)なのですが、堀さん(著者)の勧めるものだから間違いはないだろうとえいやっと購入。

noisli

まだ使い始めて5日ですが、結論としては、これはかなり良いアプリです。
素晴らしい!

noisli noisli

デザインがシンプルで分かりやすいです。
やりたいことが直感的にできます。
それぞれの音を表すアイコンをアップするとON/OFF、アイコンの下のバーで音量を調整します。
音の種類は雨、波、風、線路、がやがやカフェ音、ホワイトノイズなど20種以上。
組み合わせることができます。

夜寝るときに使っているのですが、うちの子がその日の気分でいろいろな音をミックスしてくれます。

noisli

タイマーもついてます。

Noisli はウェブサイトで同じような機能があるので(無料)、アプリ購入前に様子を確認できますよ。
むしろ、このサイトが無料だからお布施としての有料アプリってことなのかも?


なんにせよ、お金を払う価値のあるものであります。

関連記事


VBooster は、撮影済み動画を早回し動画やスロー動画に変換するだけのシンプルなiPhoneアプリです。無料です。

VBooster


インターバル撮影するのではなく、すでに撮影した動画を早回し動画に変換することによりインターバル撮影的な動画が作れます。

速さは0.1倍(10分の1)から10倍まで変更できます。音程は為すがまま(高速のときは高くなる)かなるべく元の高さを保つかを選べます。

動画を選択して設定して変換してカメラロールに保存、というシンプルな使い方で迷わず使えるかと。

VBooster

とりあえずやりたかったことがサクッとできたので満足です。

以下、作例。
3分の動画が10倍速で18秒に!





1 2 [ 次へ ]

たつをの ChangeLog
Powered by chalow