古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
「○○い財布」や「ひらくPCバッグ」シリーズでお世話になっているバリューイノベーションから「すわるパンツ」が出ました。
通称「すわパン」(適当)。
詳細はリンク先で!

すわるパンツ サイト

さて、私、何週間かモニターとして使っておりましたので、本記事では簡単な紹介と感想を書いていきます。

大きな特徴はこの二つ:
  • ポケットが前や後ろではなく横(前目の横)にある。
  • 各サイドにポケットが二つずつあり、重ならない角度で設置されている。

パンツのポケットにiPhoneを入れると座るときに邪魔になる。前に入れると足の付け根に干渉して落ちやすくなるし、後ろに入れるとお尻を面で押されるし、そもそも割れそう。そこで前後のポケットを横に移動することで、座るときの違和感を解消。これが最大の特徴だけど、ほんと座ったときに前後ポケットに入ったものの感触がない。座ってて違和感がまったくない。

ポケットは各サイドに二つずつでそれぞれスタンダードな大きさ。つまり、今までの前後ポケットと同様にたくさん入る。そしてその二つのポケットはそれぞれ斜め前方向、斜め後ろ方向に深くなっており、干渉しない。財布とiPhoneをそれぞれに入れても重ならない。これはありがたい。

すわるパンツ

今まではポケットに入っているiPhoneをテーブルに出して座ることが多かったので、作業中にiPhoneをみたいときには卓上を探すんだけど、このパンツをはくと卓上では見つからない。そしてポケットにあることを思い出す。同じく慣れの問題だけど、移動中にiPhoneを取り出そうとついつい後ろポケットに手をやるが何もないので、忘れてきたかとビクっとしてしまいがち。あと、ポケットのものを取り出すときに、ガンマンが拳銃を取り出すような動作になりがちで、ついついそれっぽくやってし、たのしい。

難点をあげておきます:
  • 難点その1: 大型のiPhoneもすっぽり入る余裕があるのだが、そのためハンカチなどを入れると奥の方に行ってしまい取り出しにくいときがある。
  • 難点その2: ポケットにいっぱいものを入れると横に広がったシルエットになる。私は別にかまわないんだけど、気になる人はいるかと。
  • 難点その3: ポケットにいっぱいものを入れがちになり、トイレ(大)などでわずらわしいことも。パンツごとドシンと床に落ちたり、そうならないように中身を一度出したりなど。
  • 難点その4: 二つのポケットのほぼ同じ大きさの口が近くに配置されてるので、物を取り出そうと手を入れるときに間違いやすい。iPhoneを出そうとして違う方をゴソゴソしたり、財布をしまうときiPhoneの入ってる方にいれちゃったり。

基本的に慣れれば大丈夫なものばかりで、私は問題なくなりました。運用の工夫次第。調子に乗ってポケットに入れすぎないことも大事。

すわるパンツ

結論としては、とても良いです。ジーンズとかハーフパンツとかいろいろとシリーズ展開して欲しいなあ。他社へのライセンス生産でもいいから、バリエーション欲しいです。

Amazonタイムセール祭り