古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
3歳の息子(通称とらちゃん)のクリスマスプレゼントとしてキーボードを買いました。キーボードと言ってもPCとかのではなく、音楽を演奏するやつです。

キーボードを弾くとらちゃん

いろいろ検討した結果カシオの「SA-46」にしました。アマゾンで3000円ほど。

CASIO ミニキーボード 32ミニ鍵盤ブラック&グリーン SA-46

・手軽に弾ける、32ミニ鍵盤
・いろんな音がいっぱいの100音色
・多彩な50パターン
・たたいて楽しい音が鳴る5種類のドラムパッド付き
・内蔵曲をレッスンできるメロディーオフ機能
・ピアノ音色とオルガン音色をカンタン選択!ワンタッチ切替ボタン付き

とらちゃんは少し前までリトミックに通っていました。そこでピアノを弾くコーナーがあり、ドレミファソと鍵盤を叩くのが好きになったみたい。「ピアノやりたいなー」などとつぶやいていたので今回小さいキーボードを購入。

気に入ったみたいで、じゃんじゃか弾いたり歌ったりしています。





音色はいろいろあって、どれも良い音が出ますね。一昔前のエレクトーンの品質くらい? かなり良いです。感銘を受けました。

キーボードを弾くとらちゃん

音色の一つに効果音的な「線路を走る電車の音」みたいのががあり、とらちゃんは頻繁にそれを選んで遊んでいます。トーンボタンを押して、テンキーで97を入力して選択するのですが、やり方を覚えて勝手にやってます。

鍵盤の上の方にあるドラムパッドも面白いようで、ポンポコリ叩いています。

なお、私も弾いて楽しんでます。良い買い物でした。

購入の際に比較検討したもの


CASIO ミニキーボード 44ミニ鍵盤ブラック&オレンジ SA-76


同じシリーズの SA-76。鍵盤が44鍵(SA-46は33)あって、本当はこちらが欲しかったのですが、リビングのテーブルの上で使うことを考えると幅が広いのが難点でした。SA-46が44.6cmのところこちらは60.4cm。うちでは少し厳しめ。あと価格が2000円ほど高かったし。

KAWAI ミニピアノ P-25 (ローズレッド)


「ピアニストの辻井伸行さんが子供の頃に弾いていたのと同じ型」とのことで有名みたい。かなり心惹かれます。アナログな音の方が子供には良いかもしれないんだけど、音量調整できないのか難点。集合住宅なので夜に使えなくなっちゃうんだよなあ。25鍵。

ドレミメイト 光っておしえるキーボード


鍵盤も37鍵と多いし(SA-46は33)、幅も37.4cmでコンパクトだし(SA-46は44.6cm)、鍵盤が光って練習できるってのも魅力。価格も500円ほど安い。悩んだんだけど、やはりおもちゃではなく、ちゃんとしたキーボードがいいなあ、ということで見送り。今1歳くらいだったらこちらにしたかも。
この記事に言及しているこのブログ内の記事
Amazonタイムセール祭り