古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
冬ごろ、NHKの「課外授業 ようこそ先輩」みたいなイメージで、高校で授業をすることになっています。そのため高校で使われている「情報」の教科書をいろいろ読んでいます。私が高校生のころにはまだ情報の授業はなかった(はず)ので、こうして教科書を読むのは初めて。

読んだのは実教出版の「最新情報A」「最新情報B」「最新情報C」。
情報の教科書

- 最新情報A 山極隆, 岡本敏雄 (実教出版)
http://www.jikkyo.co.jp/bookDetail.do?book_id=60017

以下、何かの役に立つかもしれないので内容をざっとメモしておきます。

最新情報A
- 問題解決サイクル(問題解決の道具として使う)
- 情報の検索と収集:論理演算子 AND OR NOT
- 情報の送受信
- リテラシー・モラル:プライバシー、知的財産権、セキュリティ
- コンピュータの仕組み:CPUとメモリ。ソフトウェア。
- ネットワークの仕組み:パケット, LAN, WWW, TCP/IP
- プレゼン作り
- ウェブページ作り
- メディアの歴史
- 情報のデジタル化:2進数など。音声、画像、動画のアナデジ変換。
- 社会への影響

最新情報B
Aの深堀り。理系的な側面。
- アルゴリズム:逐次探索と二分探索。ソート(さすがにクイックそーとはない)
- モデル化とシミュレーション:フィードバック制御。待ち行列。オートマトンでの表現。
- データベースと情報検索:リレーショナルデータベース(エクセルで解説)。SQLとかはでてこない。

最新情報C
Aの深堀り。ITと社会の関係に重点。文系的な側面。
デジタル化のとこで転送速度や誤り訂正など理系的な話題もちょこっと。

ref.
- [を] 高校の学習指導計画書に「高橋メソッド」と「もんたメソッド」が![2007-03-29-3]

高校の情報教育 - メディアリテラシーを学ぶ

ひと目でわかる最新情報モラル 高校版 - ネット社会を賢く生きる実践スタディ

新体系・高校数学の教科書 上

この記事に言及しているこのブログ内の記事