古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
使いやすいインタフェースというのを考える際、
ポイントの一つに「ユーザによる間違いを少なくする」
つまり、「ユーザが間違った使い方をしないような設計」
というのがあると思います。
寝ぼけてたり、酔っぱらったりしてても、
間違った操作をしてしまわないような仕掛けとかありますよね。
これって、ものすごーく重要な要素だと思います。

普段からそういう視点でいろいろ観察してて、
「これってユーザに間違いをさせないようになってる!」
というのを見つけると、
その設計に感心してひとり悦に入っていたりするのです。

改善前


で、東京ミッドタウンのエレベーターの話。
この写真を見てください。
行き先階ボタンの上に、扉を開くボタン、閉めるボタンが配置され、
その上に非常用ボタン(受話器のアイコン)があります。

エレベーターの非常ボタン

どう考えてもこれは間違えて押してしまいます。
「閉めるボタン」を押したつもりが「非常用ボタン」で、
センターにつながっちゃって、
「どうしました?」とスピーカーから心配され、
「すいません、押し間違えました」と弁明するときの
いたたまれなさといったらありません。
「あー、やっちゃったよ、こいつ」的な冷たい空気が
エレベーターという逃げ場のない閉鎖空間にただよいます。
あいたたた…。(経験者談)

とはいえ、これは押し間違えない方がおかしい。
インターフェースの問題です。
デザインが悪いのです。
私も悪くないし、あなたも悪くない。

改善後


このような、
たび重なる間違いにうんざりした当局(誰?)により、
あるとき非常用ボタンにカバーが付きました。

エレベーターの非常ボタン

透明なプラスチックカバーを上にあげないと
非常用ボタンが押せなくなりました。
つまり、
「ユーザが間違った使い方をしないような設計」
が実現されたわけです。
これで、寝ぼけてたり、酔っぱらったりしてても大丈夫です。
(野暮ながら念のため書いておきますが、
オフィスのエレベーターなので酔っぱらって乗ることありません)

こういうのって、後から考えれば、
「始めからそうしろよ!」って思うんだけど、
なかなか難しいってのは経験上よくわかります。
ただ、人にしろ組織にしろ「学習」します。
やってみてダメだったところは直していく。
度重なる間違いと、それによるウンザリ度の蓄積が、
インタフェースを正しい方向に導くのです。
改善!かいぜん!KAIZEN!

まあ、ともかく、これでもう
いたたまれない思いをすることがなくなり、
我々利用者も精神的に非常に安定して、
日々楽しく暮らすことができるようになりました。
めでたし、めでたし。

参考文献


こういう話の参考文献として、
D.A.ノーマンの一連の著作を挙げておきます。
インタフェースデザインする人は
みんな何冊かは目を通しているはず。

- 誰のためのデザイン?
- テクノロジー・ウォッチング [2003-08-10-2]
- 人を賢くする道具 [2003-10-19-3]
- パソコンを隠せ、アナログ発想でいこう [2003-09-02-2]
- エモーショナル・デザイン [2004-12-19-2]

「誰のためのデザイン?」は少なくとも押さえておきたい定番書。
プログラマにオススメの本(言語非依存)
でも紹介しています。