古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
chalowをいじってRSSをHTML::Templateで生成するようにしました。
description に CDATA を入れてもよし。
description にテキスト、content:encode に CDATA ってのでもよし。
シンプルに description にテキストだけってのでもよし。
設定ファイルで自由にカスタマイズできるようになります。
次バージョンを待て!

RDF Site Summary 1.0 Modules: Content
<http://web.resource.org/rss/1.0/modules/content/>
via 「content:encodedが足りねぇ… じゃんじゃん 持ってこい」
<http://sonic64.hp.infoseek.co.jp/2004-10-26.html>
画像
<rdf:RDF ...
  xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/"
...> 
...
<content:encoded>
<![CDATA[<p>オレ<em>オレ</em>おれだよ</p>]]>
</content:encoded>

ref. 「chalow の RSS の description で CDATA」[2004-11-29-1]
この記事に言及しているこのブログ内の記事
Amazonタイムセール祭り