たつをの ChangeLog

200 件 見つかりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 [ 次へ ]

ナポレオン・ヒル財団による公式のマンガ入り入門ガイドブック。
Kindleで読みました。

ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部 / まんがで納得 ナポレオン・ヒル 思考は現実化する

全世界1億部突破のベストセラー、ナポレオン・ヒル著「思考は現実化する」
アンドリュー・カーネギー、トーマス・エジソン、J・P・モルガン・ジュニアなど、500名を越える成功者たちの協力のもとに体系化した“不朽の成功哲学書”がまんがでよくわかる!

全編コミックではなく、各章の冒頭にマンガで少しずつストーリーが進みつつ、その後、文章でしっかり解説するという構成です。

コミックのおかげですんなり進むし、文章解説での要点も分かりやすく、「ナポレオンヒルってなんだそりゃ?」な人にはおすすめです。

Kindle unlimited(読み放題)対象なので、気が向いたときにでもどうぞ。
というか読み放題会員だったら読んどくべき。

読書メモ


逆境においてポジティブ。
度がすぎるとアレだけどポジティブさは絶対必要。
積極的な心構え(PMA)を持つ人は、幸運をもたらす流れに乗る。反対に、消極的な心構え(NMA)しか持たない人は貧困の流れに乗って、それに巻き込まれてしまうのだ。
「失敗や逆境の中には、すべてそれ相応かそれ以上の大きな利益の種子が含まれている」この文言は、『思考は現実化する』の中心テーマのひとつである。

なるなる。
人間は自分が考えたとおりの人間になる。

セルフコントロール♪
ヒルは、あなたがコントロールできるたったひとつのことは「思考」であり、これは天から与えられた特権で、私たちは自分の運命を自分で定めることができるのだと言っている。
心のコントロールができるかどうかは、自己訓練と習慣によって決まる。あなたが心をコントロールするか、心があなたをコントロールするか、そのどちらかなのだ。どっちつかずということはあり得ない。心をコントロールする最も具体的な方法は、明確な計画に裏づけられた目標の中に自分を没頭させることである。

まずは行動。
エンスージアズムを持つには「熱心な行動をせよ」とストーンは言っている。熱心に行動すれば、気持ちのほうがあとからついてくる。
「やりたいことは、まず行動によって示せ」

否定的なアドバイスの害。
もちろん有用なものもあるけど、そうではないなんとなくカジュアルに否定されることで、行動が妨げられることが多い。
不幸なことに、他人からの否定的な暗示の害に対して、法律は防いでくれない。
あまりにも親しすぎる友人や親戚などは、ほんの軽い気持ちで冗談半分の意見であなたの邪魔をするかもしれない。多くの人々が失敗してしまったのは、善人ではあるが無知な人たちによって自信を喪失させられたからである。
多くの人々が親戚や友人たちや世間の批判を恐れて、結局、自分の人生を送れなくしている。
 数え切れないほど多くの人々が、年齢を問わず、他人への憚りで自分の一生を台無しにしてしまっている。これも批判を恐れてのことである。どんなに相手が立派で、高潔な人物であれ、あなたの正当な希望をあきらめさせたり、自由に生きる権利を侵害することはできない。自然の法則に照らし合わせても、そのようなことができる何の根拠もないのだ。

過去記事


「携帯版(簡略版)」だけど、7年ほど前にナポレオンヒル「思考は現実化する」を読んだときの感想記事。古典には目を通しておくと先々良い感じです。

  • いまらさながら「思考は現実化する」を読んだ[2009-12-29-3]
    確かにいろいろなビジネス書、自己啓発書の元ネタが詰まっています。
    これは基本の書だな。古典であり、教科書であり、アンチョコである。
    「人を動かす」「道は開ける」や「七つの習慣」と同様、読んでおくことで新しめのビジネス書の速読ができるようになること間違いなし!

目次

  • プロローグ 思考は現実化しようとする衝動を秘めている
    • 解説(1) 思考は現実化しようとする衝動を秘めている
    • ゴールデンルール01 明確な目標の設定
  • 第1章 プラスアルファの魔法
    • 29秒の決断エピソード
    • 解説(2) プラスアルファの魔法
    • ゴールデンルール02 プラスアルファの努力
    • ゴールデンルール03 積極的な心構え
  • 第2章 逆境はチャンス
    • 解説(3) 逆境はチャンス
    • ゴールデンルール04 逆境からの利益
  • 第3章 マスターマインドの力
    • 解説(4) マスターマインドの力
    • ゴールデンルール05 マスターマインドの力
    • ゴールデンルール06 チームワーク
    • ゴールデンルール07 優れたパーソナリティ
    • ゴールデンルール08 セルフ・コントロール
  • 第4章 決してあきらめない
    • 解説(5) 決してあきらめない
    • ゴールデンルール09 エンスージアズム
    • ゴールデンルール10 ヘルス・マネジメント
    • ゴールデンルール11 資金と時間の活用
    • ゴールデンルール12 パーソナル・イニシアティヴ
  • 第5章 シンプルなアイデア
    • 解説(6) シンプルなアイデア
    • ゴールデンルール13 集中力の偉大な力
    • ゴールデンルール14 的確な思考の力
    • ゴールデンルール15 クリエイティブ・ヴィジョン
  • エピローグ 最後に勝つのは「私はできる」と思える人
    • 解説(7) 最後に勝つのは「私はできる」と思える人
    • ゴールデンルール16 揺るぎない信念
    • ゴールデンルール17 習慣形成とその活用

コールデンルール まとめ

  • ゴールデンルール01 明確な目標の設定
    • まず、目標を見直そう。ゴールのない道を突っ走っても無意味である。
  • ゴールデンルール02 プラスアルファの努力
    • ライバルよりほんの少しだけ前に進もう。一歩先に進む努力が大差をつける。
  • ゴールデンルール03 積極的な心構え
    • いつでも「前向きの姿勢」を貫こう。ダメだと思うと本当にダメになる。
  • ゴールデンルール04 逆境からの利益
    • トラブルは喜んで受け入れよう。逆境はチャンスをもたらす女神である。
  • ゴールデンルール05 マスターマインドの力
    • 自分の欠点はアウトソーシングで補おう。ひとりで全部しようとするから前進しない。
  • ゴールデンルール06 チームワーク
    • チームの力で勝ち上がろう。チームワークがよければプラスアルファの力を発揮できる。
  • ゴールデンルール07 優れたパーソナリティ
    • 「自分らしさ」を武器にしよう。没個性社会では魅力的なパーソナリティがいっそう際立つ。
  • ゴールデンルール08 セルフ・コントロール
    • 失敗の理由を考えるのはやめよう。自分をコントロールできなければ、また転んでしまう。
  • ゴールデンルール09 エンスージアズム
    • 情熱を維持しよう。熱しやすく冷めやすいでは、昨日と何も変わらない。
  • ゴールデンルール10 ヘルス・マネジメント
    • 「健康な心と体」を持とう。心と体のマネジメントがここ一番の勝負を決める。
  • ゴールデンルール11 資金と時間の活用
    • お金と上手につき合おう。お金に対するプラスのイメージを持つことでお金は入ってくる。
  • ゴールデンルール12 パーソナル・イニシアティヴ
    • ためらわずに、とにかくやってみよう。いつまで待っても「最適な時間」はこない。
  • ゴールデンルール13 集中力の偉大な力
    • 「本当に欲しいもの」はひとつにしよう。集中力が分散するとエネルギーが低減する。
  • ゴールデンルール14 的確な思考の力
    • 漠然と考えるのはやめよう。これこそが失敗のルーツである。
  • ゴールデンルール15 クリエイティブ・ヴィジョン
    • 少しだけ想像力を働かせよう。成功者を生んだのはシンプルなアイデアだった。
  • ゴールデンルール16 揺るぎない信念
    • ポジティブな言葉をくり返そう。潜在意識を利用すると達成速度は倍増する。
  • ゴールデンルール17 習慣形成とその活用
    • マイナスの習慣を取り除こう。習慣はすべてを決めるマスターキーである。

ちょっと前にはてな界隈で話題になったネットコミック。Kindleで読みました。インターネットの一部界隈(はてなとか)のネタが満載で内輪的に大いに楽しめます。著者のブログで公開されているのもありますが、書き下ろしもあり。

小島アジコ / ここは悪いインターネットですね。


小島アジコ / りちょうとえんさん


どちらも100ページほど。

「ここは〜」の一節:
「ブログを書く人間の競争心とか承認要求を強烈にあおる仕組み……」
「そうだ!」
「はてなブログProに登録したら、はてなブログ内での順位がわかるようにしたら?
かつてのreadme!みたいに!」

readme 懐かしい。
これに関しては、私が昨年から運営している


などが「はてなブログ内での順位」を見るサイトとしてどうでしょう?
というか、公式がやればいいのに……。

あと、今年から月単位でそれぞれの増加数ランキングを出すようにしているので、抜きつ抜かれつな楽しみも提供できるかと。


もっと更新頻度を上げたいけど、毎日の増加ランキングを出すだけのユーザーボリュームが無いのがはてな。

小島アジコ / ここは悪いインターネットですね。

全98Pです。
収録内容は
  • はてな村は衰退しました
  • 生きるのつらい絶対殺すマン
  • ブロガー山月記
  • ブロガー水滸伝
  • ブロガー西遊記
  • 不可思議さんとカッパのイーエム
  • ここは悪いインターネットですね。
になります。

小島アジコ / りちょうとえんさん

こちらの漫画は
http://orangestar.hatenadiary.jp/
で公開した、山月記の李徴と袁傪をモチーフにした漫画を加筆修正したものです。
「りちょうとえんさん」の
収録内容は
  • さよならニフティ
  • ライターストレイドッグス
  • ブログ羅生門
  • フリーミアムモデル地獄
  • 筋肉質なブロガーを目指して!!
  • 君に届けホメオパシー
  • ブロガー名人伝
  • 都会では寿司のネタだけ食べてシャリを残す若者が増えている
  • さよならマズロー
などです。

関連記事


ブログを使って自分をブランド化するという目的を持った人には、基本的な教科書となる本ですね。人気ブログを作るという視点でのブログに関する話題が完全に網羅されており、現状ではこれ一冊で十分かと。変な情報商材とか有料サロンとかいらない。「ブログで有名になりたい」「ブログで生きていきたい」という人には強くおすすめします。

菅家伸 (かん吉) / ゼロから学べる ブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

「どうせブログをやるなら、たくさんの人から愛されるブロガーになりたい」
しかし、やみくもにブログを更新し続けても、人気ブロガーにはなれません。
そこには成功ルールがあります。
ただアクセスが多い、ただ広告収入がある……それだけの話ではありません。
「本物」の人気ブログはあなたの「資産」になります。
これからブログをはじめる人も、いまのブログが上手くいっていない人も、必見のブロガー指南書です。

私はブログで何かをなしとげたいと思っているわけではなく、人気ブロガーになりたいわけでもないので、本書のターゲットとは若干ずれてはいるのですが、それでもブログ運営全般に関して参考になるポイントが多く有益でした。

とにかく一番重要なのは「お金を目的としないこと」。人気ブロガーを目指す場合も、私のように細く長く情報発信を続ける場合も、これが最重要です。
ブログはいきなり収益化を目指すのではなく、まずは読者のために全力を尽くすことが大切だと。読者が増えれば、収益は後からいくらでもついてくるのです。
大手企業ですら、新しいサービスを公開したら、収益化をせずに、徹底的にユーザー増加を目指します。ブログも最初は広告なしではじめましょう。読者が十分増えてから広告を設置しても遅くありません。

そして固定客の獲得。リピーターを得ることが人気ブロガーへの王道。
本書が目指す「人気ブログ」は、ただページビュー数が多いブログではありません。「ファンが多いブログ」こそが本物の人気ブログであり、本書が目指すゴールです。
人気ブログをはかる指標とは何でしょうか? 本書では「リピーター」の数こそが人気ブログの指標であると定義します。つまり「ファンの数」です。

これに関しては「千人の忠実なファン」という文書が参考になりますのでぜひどうぞ。
プロブロガーとかネットで稼ぐとかそういう人は絶対必読「千人の忠実なファン」の改訂版が出た[2017-02-27-1]

ちょっとした情報をそれを必要とする人だけに届ける(見つけてもらう)、ということは、インターネット時代だから実現できた最たるものです。とても助かっていますし、私もちょっとした情報をちょこちょこ発信しています。

昔は、っていうか、10年くらい前はブログ記事単体がその役割を担っていました。1ページで足りるようなテーマなら、ブログはまさにうってつけのツールでした。しかし、近年雑記ブログの中の1記事だとウェブ検索結果順位がダダ下がりです(正確に言うと、検索エンジンがブログ自体にいくつかのテーマを勝手に設定しそれに外れる記事は無いものと見なされる)。この私のブログも100円ショップをテーマとしたブログと認識されているようでモヤモヤしています。

まさに「あのころは良かった」的な話ですが、ブログさえ開設できれば「ちょっとした情報をそれを必要とする人だけに」がかなり容易に実現できたわけです。今、同じようなことをやるにはテーマに沿った専門サイトを立ち上げるのが近道です。いろいろと面倒にはなりましたが、ウェブ検索が事実上1社独占のこの時代、仕方が無いです。

ということで、この時代の「灯台」が和田さんのミニサイト本であります。さっきから述べている「ちょっとした情報をそれを必要とする人だけに」のためのミニサイトの作り方について、今この時代の状況をふまえた懇切丁寧な解説書です。

和田亜希子 / ミニサイトをつくって儲ける法 ほったらかしでも月10万円! [Kindle版]

ミニサイトとは、たとえば「東京にあるビアガーデン」「3500円以下で泊まれる東京の格安ホテル」「島マラソン」といった、ニッチなテーマ1つを扱う専門サイトのこと。
ページビューは少なくても、その情報発信が誰かに役立っている満足感と達成感を得ることができます。
[...]
本書では、ミニサイトとブログの違い、テーマの探し方、短期間でのサイト構築方法、そして広告やアフィリエイトといったマネタイズTIPSなど、ミニサイト作りの魅力から成功のポイントまでを、事例を交えて紹介していきます。

本書のターゲットは、ブログなどである程度情報発信に慣れてる人向けかな。あと、タイトルから受ける印象とは違って、いきなりお金を稼ぎたい人は本書の想定読者ではありません。

テーマ探しの章は著者の真価発揮で、こういう切り口があるんだ、と感銘受けまくり。体験したり調べたりしたことはなんでもネタになるのですが、それをちゃんとしたアウトプットへ落とし込む方法が経験に裏打ちされてて素晴らしいです。

エクセルでの進捗管理は良いですね。サイトのページ作成などの工程管理。手軽で汎用性もあるので、取り入れてみようかな。

livedoor blog でミニサイトを構築する手順が参考になりました。私も別ブログで利用していますが、アプリも使いやすくて良いんですよね。

あと、マネタイズはおまけくらいに考えるべし、と。ある程度サイトに人が来るようになってから。そりゃそうですよね。

関連記事


新サイトリリース告知です。

今日出るkindle本の一覧を表示するサイト(ページ)である「キントゥデイ」を公開しました。RSSもあります。どうぞよろしくお願いします。

TODAY - logo

開発は1月中旬から行ってました。ここ最近かなり安定してきたので公開に至りました。1月の「ラノベキア」リリースに引き続いて今年の第2弾です。今年は月一とはいかないまでも2ヶ月に1度くらいのペースでいろいろ出していきたいところです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 [ 次へ ]

たつをの ChangeLog
Powered by chalow