古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
iOS 9 からの新機能として写真のマークアップがあります。メールで写真を送信するときに文字や線を入れることができる機能です。

iOS9 マークアップ機能

メールでしか使えないと思われがちですが、加工後の画像をメール送信せずにコピーし、別アプリにペーストすることで、最終的にカメラロールに保存することができます。

というわけで本記事では、標準アプリだけで写真のマークアップと保存を行う手順を紹介します。ここでは、ペーストしてカメラロールに保存するためのアプリとして、標準の「メモ」アプリを使っています。

手順


(1) 標準の「写真」アプリで写真を選択して「メールで送信」をタップします。
iOS9 マークアップ機能

(2) すると、メール作成画面(新規メッセージの画面)になります。
iOS9 マークアップ機能

(3) 写真をダブルタップして出てきたメニューから「マークアップ」を選択します。
iOS9 マークアップ機能

(4) すると、編集画面(マークアップの画面)が開きます。
iOS9 マークアップ機能

(5) いろいろ書き込みます。拡大鏡やペンや文字やサインなど。終わったら右上の「完了」をタップします。
iOS9 マークアップ機能

(6) すると、メール作成画面に戻るので、加工した写真をタップして「コピー」を選択します。
iOS9 マークアップ機能

(7) 標準の「メモ」アプリを起動します。とりあえず、IPHONEというフォルダに行って新しいメモを新規作成します。
iOS9 マークアップ機能

(8) そのメモ上で、タップしてペーストすると、先ほどの写真が挿入されます。
iOS9 マークアップ機能

(9) その写真をタップすると写真の拡大画面になりますので、右上のシェアアイコンをタップします。
iOS9 マークアップ機能

(10) シェア先として「画像を保存」を選択します。
iOS9 マークアップ機能

(11) これでカメラロールに保存完了です。
iOS9 マークアップ機能

以上です。
アプリの断捨離を考えている人はぜひお試しください。

参考

この記事に言及しているこのブログ内の記事