古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
「SHOT DOCS」は背景との色差により書類の輪郭を認識して歪みを直して取り込むアプリです。無料です。で、これ専用のフォルダ等が売られておりこちらで商売しています。

- “デジタル化しやすい”いつものファイル「ショットドックス」 | KINGJIM
http://www.kingjim.co.jp/sp/shotdocs/

shot docs

というわけで、フォルダを買いました。2種類。ハードタイプの黒とソフトタイプの青。

キングジム SHOT DOCS ハードホルダー 757SDクロ

キングジム SHOT DOCS クリアーホルダー 735SD3アオ

スマホでサクッ!と書類を持ち出し!
【特長】
・ハードホルダーはシートの色によって書類とのコントラストの差をつけ認識精度を 高める仕様を採用しています。
【アプリの特徴】
(1)自動で画像を補正 ファイルに入れた書類を、専用アプリで撮影すると、 台形補正・余白部分のカットが自動で行われ、 書類部分のみをきれいに取り込むことができます。
(2)取り込んだ書類をすぐに確認できる専用アプリは、 画面右側の縮小画面に撮影した書類が時系列順にリスト表示されます。 書類を選択すると、左側の大きな画面にプレビュー表示されるので、 見たい書類をすぐに確認できます。
(3)メール送信やクラウドサービスへの共有も可能。 デジタル化した書類は、メール送信や、 「Evernote」、「Dropbox」、「Google_Drive」などの クラウドサービスに投稿して共有することができます。

さっそく使ってみましたが、確かに輪郭の認識精度はなかなか良いです。紙がめくれるのも防げるし、反射も少なめ。使えます。

純正フォルダ以外でもできそうなのでいろいろな物を背景に試してみましたが、結論を言うと「フォルダなら純正品がベスト」。1枚1000円などの値段だったら探求するところですが、そんなに高くないので満足しています。

なお、撮った書類は Dropbox に送っています。SHOTDOCS というフォルダに入ります。



関連

- 紙をはさんで簡単撮影きれいに保存「SHOT DOCS ハードホルダー」 (シゴタノ!)
http://cyblog.jp/modules/weblogs/11282
- [を] ショットノート(SHOT NOTE)のサンプルを印刷して試してみました[2011-02-10-1]