古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
本日11月15日、唐突に日本で Amazon Cloud Player というサービスが提供されました。これは Amazon MP3ストアで購入した音楽データをどこでも楽しめるというものです。

曲を購入=曲を聴く権利を購入するということなので、デバイスに依存せずに音楽データを楽しめるわけです。買った音楽データは基本的にアマゾンのサーバ(クラウド)にあります。

で、アプリやブラウザから、聴きたいときに聴きたい曲をダウンロードして聴くというスタイル。まとめてのダウンロードもできるので聴きたいアルバムを一気にダウンロードってのも可能。そして、一度購入した曲は何度でもダウンロードできるので、容量が心配になったら直近では聴かない曲を消していけばOK。

何が良いかというと、いちいちPCに接続しなくても聴きたい曲が入手できること。欠点は、ダウンロードにはそれなりに時間がかかることで、「すぐにききたい!」という要求を満たせないかもしれないこと。

iOS アプリがあるので、私は主に iPhone や iPad で音楽を楽しみたいと思います(あとはときどきブラウザ経由で)。子供向けの歌がたくさんあれば子守のとき便利なんだけどなあ。NHKの子供向け番組のサントラとか。今後に期待。

まあ、それよりも iTunes Match に期待ですね。Apple 系限定かもだけど。

なにはともあれ、有料コンテンツデータで「権利を買う」系のもの(Kindle書籍やAmazon音楽も)は、なんかもう手元に置いておきたくないんですよね。売り場に預けておきたいです。管理について考えるのもイヤだし。クラウド万歳!

- Amazon.co.jp:はじめてのAmazon MP3とCloud Player
http://www.amazon.co.jp/b/?node=2439639051

とりあえずどんなものか使ってみたい方はこのへんの安いクラシックセットがオススメです。200円とか150円とかで99曲入っています。

99 Must-Have Classic Gold

99 Must-Have Piano Masterpieces

99 Must-Have Power Classics: The Planets & Other Masterpieces


私はこれらは全て購入済み。

iPhone の Amazon Cloud Player アプリ↓

この記事に言及しているこのブログ内の記事