古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事

禅と日本文化

2005-07-26-1 [Book]
鈴木大拙(著), 北川桃雄(翻訳) / 禅と日本文化 / 岩波新書

もともとは著者が英語で書いたもの。それを日本語訳しているゆえか、
分かりやすい!

日本の美術、武士道、剣、茶道などと禅との関係をわかりやすく解説して
います。これらの日本文化について、外国人並みの理解しかない部分が
多い私にとっては「外国人向け」な仕様が嬉しいです。

内容も60年以上も前の本だとは思えません。
でも読んでるとなぜかデジャブ感があります。
多分、なんかいろいろなもののネタ本として使われてるんじゃないかな。

ともかく鈴木大拙のあまりのとっつきやすさに感動したので、氏の禅の
入門書を読んでみます。禅自体についてももうちょっと知りたいですし。

そのうち「禅とブログ」とか語りだすかも! うぜー!


この記事に言及しているこのブログ内の記事