たつをの ChangeLog : 2009-09-22

休日のランチに恵比寿東口にある海南鶏飯食堂2(海南鶏飯食堂の恵比寿店)へ行きました。海南鶏飯(ハイナンジーファン)はシンガポール華僑スタイルの鳥肉料理、でいいのかな。チキンスープでゆでた鳥肉をいろんなソースにつけて、これまたチキンスープで炊いたご飯と一緒に食べるのです。
シンプルながらおいしいのです!

海南鶏飯食堂2(恵比寿) ランチ待ちなう@海南鶏飯食堂2

海南鶏飯食堂2
http://www.route9g.com/shopinfo/ebisu-shop/
http://www.route9g.com/lunch-menu/ (LUNCH MENU)
場所:東京都渋谷区恵比寿1-21-14 Costa De Verano 1F

ランチメニューの海南鶏飯(並)、900円。
パクチー好きなので、パクチーを追加しました(52円)。
ランチきたー@海南鶏飯食堂2

こちらはパクチー普通の海南鶏飯(並)。
ランチ@海南鶏飯食堂2(恵比寿)

たくさん飲んだ翌日のランチにはぴったりのメニューだと思います。

(photos by iPhone)

インターネットの勃興によるテレビ、新聞が受ける影響についてコンパクトに問題点がまとめられています。
深くはないけど、ざっと概観が得られるのは新書ならではですね。

猪熊建夫 / 新聞・TVが消える日

テレビが消える!?大手新聞社が崩壊!?そんなシナリオが真実味を帯びてくるほど、進化したインターネット。ウェブに侵食され、変革を迫られるコンテンツ産業(テレビ・新聞・出版・音楽・ゲーム)は、この時代をどうやってサバイバルしていくのか。「放送と通信の融合」の真の意味を解きほぐし、新聞業界の窒息を資本の閉鎖性・過少性とからめて論じるなど、「元・経済部デスク」の確かな眼で日本のコンテンツ産業の構造と未来を見通す。

今までは良かった制度・法律・ビジネスモデルが、時代の変化によって、自分で自分の首をしめるような形になっちゃってるのが悲しいですね。
例えばテレビでは、視聴率測定、県域免許制、複雑な権利関係、放送法によるテレビ・ラジオの政治的公平性、などなど。大変ですね。

私の個人的な感想は、テレビコンテンツにしろ新聞ニュースにしろ、世の中から望まれているのならば、そのうち需要供給のバランスがとれてちゃんとビジネスになるんじゃないかなあ、と楽観的です。
ダメならダメで「いらないものだった」という結論で良いかと。
今までいびつな形で利益を得てきた人たちは非常に困るかもしれないけど、まあしょうがないよね。
この記事に言及しているこのブログ内の記事

「∵」を出すには「なぜならば」で、
「∴」を出すには「ゆえに」で仮名漢字変換すればOK。
Windows XP 標準の Microfost IME でも、
Mac OS X 標準の「ことえり」でも変換されます。

ことえりでなぜならば

ref.
- なかなか覚えられない読み書き三つ[2006-09-26-5]
この記事に言及しているこのブログ内の記事

Skype はテキストチャットツールとして重宝しています。
複数人でのテキストチャットが猛烈に便利。
チャットグループも維持されるし、ログも残るし。
センターを介さずに会話参加者同士でログを裏で(p2pで)やりとりするので、自分が不在のときのチャットもすばやく追随できるのです。

逆に音声通話はあまり使いません。
ときどき1対1の通話をしますが、年に数回くらい。

で、今日初めて複数人で音声通話をしました。
Skype 上での某ミーティングに参加したのです。

Skype

って、これはかなりすごいツールですね。
ちゃんとみんなでわいわいがやがやと会議ができるなんて!
今さらながら見直しました。
スカイプ万歳!

iPhone を指で直接いじると、お菓子を食べてるときとかベタベタしてアレなので、スタイラスペンみたいのがあるといいなあ、と思いました。

ネットで調べてみると、いくつか専用商品がありましたが、それらに手を伸ばす前に、手元にあるもので試してみることにしました。
どうやら「電気を通す素材」で、かつ「ある程度の面積」が必要らしいです。

というわけで、いろいろ試してみました。
なかなかうまくいくのがなかったのですが、ついにラミーのボールペンのお尻側が使えるということを発見しました。

- LAMY studio L265 マットステンレス 油性ボールペン
http://www.lamy.jp/products/studio.html
LAMY studio

使っている様子をムービーでどうぞ:


ある程度の面積があるだけでなく、若干ぽっこりと出っ張っている(凸型)のが勝因かと。
LAMY studio

たぶん、市販の iPhone ペンは先っぽが柔らかいのが特徴なのかも。
直接 iPhone に触れるとなるとやわらかくないと傷がつきそうです。
私はフィルムを貼っているのでこういう鉄で固いやつでも大丈夫なのです。



さてさて、このラミーですが、問題が二つあります。

その1:ベタベタするのがいやだからペンを使いたいのに、こんな高級なペンじゃ本末転倒!

その2:このペンは私のではなく妻のです。根本からダメじゃん!

えっと、もう少し探求を続けたいと思います……。
この記事に言及しているこのブログ内の記事

たつをの ChangeLog
Powered by chalow