たつをの ChangeLog : 2007-03-20

コグレマサト, いしたにまさき / クチコミの技術 - 広告に頼らない共感型マーケティング


アマゾンでは21日から先行発売らしいこの本。
「まえがき」「目次」「第1章」が入った「立ち読みPDF」が
公開されているのでそこだけ先に読んでみました(ref. [2007-03-18-4])。
http://blog.nikkeibp.co.jp/book/kuchikomi/archives/124482.html

まず、まえがき。この本はどういうものなのかについて。
「ネットを活用したいけれどもどうすればわからないマーケティング担当者」
に向けて、ネットでクチコミを起こすための考え方やノウハウを、
クチコミの伝播を担う立場である「ブロガー」の視点から解説するものです。
(p.2)
ブログ+クチコミ、が全体の主題です。

ということで、続く第一章は、まず口コミとブログの関係と重要性の
解説となっています。

「1-1 メディア化する個人ブログ」:
ブログについての基礎的な説明。それとネタフルのアクセス統計情報。
これはなかなか興味深いです。グラフ見るときれいなロングテール!

「1-2 クチコミの正体」:
ブログのクチコミというのは、価格コムやアマゾンのそれとは性質が
違うものですよ、というお話。ブログは、SEOに優れていたり、
属人的で親しみやかったり、なんてのがポイント。

「1-3 意外なコンテンツがアクセスを集める」:
ブログからの情報伝播について、歯磨きネタの反応ループを例に挙げて解説。
どういう特徴を持ったコンテンツが話題になるか、などなど。
(ref. http://mitaimon.cocolog-nifty.com/blog/2005/04/post_929d.html)

「1-4 消費者はすでにWeb2.0の渦中にいる」:
ちょっと前の『涼宮ハルヒの憂鬱』のネットでのブームの話。なかなか
興味深い仕掛けでしたね。議論の余地を残す適度な不親切、がポイント。
(ref. http://mitaimon.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/youtube_e773.html)

なお、前書きから1-2までの著者は[N]氏、1-3, 1-4 の著者は[mi]氏です。

- クチコミ本
この記事に言及しているこのブログ内の記事

SE編集部 / SEO SEM Technique vol.1


昼休みに書店で購入。今読んでいるところです。
ふむふむ。ためになります。
この記事に言及しているこのブログ内の記事

「パット・メセニー&ブラッド・メルドー、来日公演決定」
(http://listen.jp/store/musicnews_18253.htm) によると、
現代ジャズ・シーンを代表するパット・メセニーとブラッド・メルドー。
昨年、2人によるコラボレーション・アルバム『メセニー・メルドー』が
リリースされたが、3月28日(水)に第2弾となるアルバム『カルテット』
がリリースされる。
とのこと (via オレンジニュース)。ライブ行きたいなー。
(ref. [を] Metheny Mehldau[2006-09-16-2])

それはそうと新作が出ていたのをに今更知ったのでアマゾンで発注!

Metheny Mehldau Quartet / Quartet


あわてない私は輸入版(3/13発売だった&発送まで3〜5週間…)を
注文したけど、3/28発売の日本版はこちら:

パット・メセニー&ブラッド・メルドー / カルテット


- パットメセニー・ストア
この記事に言及しているこのブログ内の記事

ふと庭(オープンは3/30)を見てみると、
芝生でスプリンクラーで放水してたのですが、
よく見ると虹が出ていました。

画像画像

たつをの ChangeLog
Powered by chalow