たつをの ChangeLog

85 件 見つかりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 [ 次へ ]

年代別の推移を積み上げグラフであらわしてみました。
データは東京都のもの(後述)。
患者数データは1月24日からあるのですが、ここでは3月1日以降を用いています。
いつものように python, jupyter notebook, pandas, matplotlib などを使っています。

TokyoCovid19TLAges 東京都の新型コロナウイルス陽性患者数の年代別推移(積み上げグラフ)

病院や施設での集団感染で陽性患者が多く出た日は高齢者の割合が高くなっていますね。
4月12日は中野区の病院で87人、5月1日は病院や高齢者施設で67人

最新グラフの提供


上のグラフは5/2までのものですが、下記のURLで毎日グラフ画像を自動更新しています。ダウンロードしてSNSなりブログなりで自由にお使いください。収束が見えてくるまで続ける予定です。


なにげに、私にとっての初めての Python によるWebサービス的なものです。

なお、crontab で特定の conda 環境の python を動かす方法がなかなかうまくいかず、今は ad hoc なやり方で動かしています。そのうちなんとかする予定。

追記200514: 7日移動平均も表示するようにしました。

データ


使ったデータは、「陽性患者数 | 東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト」のCSVデータ。日別推移だけじゃなく、世代別・男女別の陽性患者数もわかります。

コード


今回の作業のコードは前回[2020-05-02-1]公開したJupyter Notebook の HTMLの前半部分となっています。積み上げグラフを作るのが想像以上に大変でした。ネットで調べながらなんとかやりました。エクセルなら簡単なんですけどねえ。

日本で営業している複数の電子書籍ストアのセール情報をまとめて一覧表示するサイト「EBSAIN」。
開催中のセールが一目でわかります。
本日β版を一般公開しました。

EBSAIN

現在、対象のストアは Kindle, Kobo, ebookjapan, シーモア, BookLive!, BOOK☆WALKER, Reader Storer, honto の8つ。

Kindleストアでの「他ストア連動の非公式セール」を発見したり、セール期間不明のKindle本セールの終了日を他ストアから推測したりと、「キンセリ」の運営にとても便利なツールです。というか、そのために作ったものです。

サイト名の「EBSAIN」は「EBook SAle INfomation」から付けられた名前で、エブセインと読みます(読み方はGoogle先生に準拠)。

β版として公開中


昨年の後半から開発していますが、現在、未完成のβ版です。
データまわりもデザインまわりももっと調整したいところ。
セールの重複や漏れが多いですし、データ量が多いのでUIがもったり。
でも、完成まで待ってそのまま日の目をみなかったら虚しいので、とりあえずはβ版として公開することにしました。
いろいろとガラッと変わることがあるかもしれませんがご了承ください。

今後については考え中


さて、開発者としては広く使ってもらいたい心情ではあるのですが、以下の観点から永続的に一般公開するかどうかは悩ましいところ。

  • 1. ストアによっては完全な情報が取れないことがある
  • 2. ストアのデザインやサイト構成が変わると修正作業が必要
  • 3. うまいマネタイズ方法が見つからない
  • 4. アフィリエイターしか使わないかも

1については、なかなか難しいところです。
技術的な問題でいくつかのストアでは完全なセール情報が取得できません。
とくにセール終了日が抜けてしまったり、重複があったり。
ちゃんと運営するには人手(目視確認)が必要です。
Kindleストアはキンセリのデータ(目視確認済み)を流用すれば良いのですが、それ以外のストアはどうしたものかと。
このへんが「未完成」たる最大の理由です。
気にしないってのも一つの解法ですが。

2は、ストアのリニューアルやデザイン変更により、クローラが機能しなくなると面倒という話。
クローラは各ストアごとにカスタマイズしているので、不定期に修正タスクが発生。
経験ある人はわかると思いますが、いちいち追随するのけっこう大変。
まあ何かあっても週末までほっとけばいいんだろうけど。

3は、持続的な運営に関する問題。
日本での電子書籍ストアのシェアは Kindle が圧倒的です。
でも、Kindleのセール情報なら、私が別途運営している「キンセリ」があり、SEOも効いてるし、マネタイズを考えるならそこに注力する方が良いのです。
楽天Koboや他の電子書籍ストアのアフィリエイトはあまり期待できない状況。
アドセンスは審査で落ちました(やむなし)。
そんな感じです。

4は、想定ユーザの話。
「広く使ってもらいたい」けど使う人ってすごく限られている気がしています。
電子書籍ストア利用者(電子書籍の読者)にがんがん使ってもらいたいけど、
そもそも Kindle ストア以外は公式サイトでのセール情報がわかりやすいので、もっぱら比較用途でしょうね。
そうなるとアフィリエイターが情報源として使うくらいかなあ。
あまりアクセスなさそうだなあ……。

ということで、結局は利用者数ですよね。
利用者が少なかったら非公開に戻して自分専用ツールにします。

関連するお知らせ


キンセリの姉妹サイト的な感じで運用していた下記の2つのセール情報サイトは、 EBSAIN があれば不要なので更新を停止します。


それぞれのサイトからは EBSAIN への誘導リンクを設置しています。
なお、EBSAIN が非公開になることがあっても復活はしません。

サーバ負荷対策とAPIアクセス回数節約のため、「Kindle無料コミック新着情報(キコタダ)」と「Kindleコミック新刊リスト」の更新を停止しました。
それに代わるものとして、新しいKindle本新刊情報ページ「アタラキ」を作りました。

アタラキ


配信開始予定日だけでなく、配信開始予定情報の初登場日も出しています。
一覧表の絞り込み機能をがんばって用意しました。
作品名をキーワードで絞り込みできます。
また、無料作品のみに絞り込むこともできます。

情報量はちょっと減ってしまっていますが、新しく出るキンドル本の情報はきちんと得られます。
よかったら引き続きご利用くださいませ。

なお、キンドル新刊情報サイトとして「キントゥデイ」と「キンミライ」も運営していて情報が一部かぶっていますが、そのうちアタラキに整理統合していく予定です。

こんなページを作ってみました。

apideoli


Amazonプライム・ビデオの「見放題」の開始予定と新着情報を提供します。主な情報源は Amazon Prime Video の公式ツイッターアカウント(@PrimeVideo_JP)です。

およそ1ヶ月前後の見放題化の情報を掲載しています。前後期間はそのうち変更するかも。

リストは網羅的ではないかもしれませんが、主なものはちゃんとあるかと。

どうぞご利用ください。

「究極のWYSIWYGとしてのTEXTAREA」を使った Wiki 的な CMS と言える「TextAreaWiki」を10年ぶりにバージョンアップしました。

TextAreaWiki 3.0


UIを改善しました。
画面いっぱい&文字大き目。

スマホでも使えます!

TextAreaWiki 3.0 iPhone

ちなみに前バージョンはこんな感じでした。

textareawiki 2.0

念のため書いておきますが、冗談ソフトのたぐいです。
怒らないで……。

過去のリリース告知記事

この記事に言及しているこのブログ内の記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 [ 次へ ]

たつをの ChangeLog
Powered by chalow