たつをの ChangeLog

213 件 見つかりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 [ 次へ ]

しながわ水族館に行きました。

しながわ水族館


家族三人で。
私はたぶん初めて。
家族もみんな初めて。

しながわ水族館

台風の影響でかなり雨がふっていて、風も強め。
行きも帰りもちょっとぬれました。
イルカショーの屋外会場は屋根があるものの横から雨が吹き込んできたり。

しながわ水族館

全体的にコンパクトな印象の水族館でした。
昔ながらの水族館、というイメージ。
天気の良い日にとなりの池とか散策すると楽しい休日になりそう。

しながわ水族館

久しぶりに目黒の自然教育園へ。

自然教育園 目黒 2020/12/6 自然教育園 目黒 2020/12/6

ウォーキングの一環として自宅から園まで歩き、さらに園内で歩けるところはすべて歩く。一部通行止めになってた道以外は歩き潰しました。

自然教育園 目黒 2020/12/6 自然教育園 目黒 2020/12/6 自然教育園 (目黒) 2020/12/6 自然教育園 (目黒) 2020/12/6

帰ってから、息子に「ソーセージの実がなってたよ」と見せたら、「ええ!?ソーセージって肉じゃないの?」との反応。

自然教育園 (目黒) 2020/12/6

ついつい撮っちゃう「あぶらちゃん」。
前に来たときも撮った。

自然教育園 (目黒) 2020/12/6

水鳥の沼。動画も撮ったよ。

目黒 自然教育園 2020/12/6



アーチに見える木。
実際は別々。

目黒 自然教育園 2020/12/6

過去記事


ジェットダイスケ氏(@jetdaisuke)のセミ羽化写真展に行ってきました。

空蝉ファイナル


今回のタイトルは「空蝉ファイナル」。うつせみファイナル。

セミファイナルというと、地面に仰向けになって動かないセミに近づくと急にバタバタと動き出してビビる、というのを思い起こします。セミの最期の一つ姿です。

しかし今回のセミファイナルはそれ以前の話です。ネタバレ(?)を恐れずに言えば、要するに早めなファイナルなのです。羽化失敗でファイナル。何年も地中で過ごしたのちにやっと地上に出てきてすぐのファイナル。たとえ、地上では数週間しか生きられないとしても、初日のファイナルは悲しい。本人(本蝉)も非常に悔しいかと思います。

これまでの宝石のように綺麗な羽化したてのセミ写真は、膨大な中の厳選された上澄みだということが分かります。それだけ自然というものは厳しいのですねえ。個人的には蜘蛛の巣と一緒に写ったセミの写真が印象的でした。セミファイナルだけでなく、過去の羽化写真もあわせて展示されてますよ。

あと、ジェット氏によると今回でセミ写真を止める(ファイナル)ということはないそうです。

場所は「富士フォトギャラリー銀座」。12月3日まで開催しています。さらっとみて回れますので、銀座に行くことがあったらぜひ寄ってみてください。

銀座

過去記事


恵比寿ガーデンプレイスで開催中の「恵比寿映像祭」。
会期は2月23日(日)までです。
とらちゃん(小3息子)と観てきましたよ。

恵比寿映像祭 2020


ガーデンプレイスのセンター広場にドーム型の仮設プラネタリウム、中では「ハナビリウム」という映像作品が上映(無料)。

25分くらいのプログラムで、かわいいキャラが出てくるので子供も楽しめます。花火の色の出し方、戦国時代末からの花火の歴史、花火の作り方など内容も豊富で、子供向けの教育番組としてもとてもよくできていました。普通のプラネタリウムで上映してもよさそう。

なお、映像祭最終日の23日は上映なしなのでご注意を。映像祭のハナビリウムの説明ページにタイムテーブルあります

あと、写真美術館にいろいろ展示があって期間中は無料。今回の映像祭のテーマは「時間」ということなので、動きのある展示が多くてとらちゃんも飽きずに楽しめました。

恵比寿映像祭 2020 恵比寿映像祭 2020

なお、とらちゃんの印象に残ったものの一つは、なかなか動かないナマケモノの動きを実時間でみるドキュメンタリー。よく見ると結構動いてるんだよね。

過去記事


有給休暇をいただいて、ネットで話題のこれを見に行きました。

容器文化ミュージアム


容器文化ミュージアムは東洋製罐の本社の1階にある小さめな展示スペースです。大崎駅と五反田駅の間にあります。

館内で使える Wi-Fi につなげると展示品の説明が読めるらしいのですが、なぜかその Wi-Fi が見つからず。係の人に聞くもわからず。まあ、なくても楽しめます。

容器文化ミュージアム

なんでも緑茶。
そういうものかなとスルーしちゃうそう。
長靴は子供の履かせたい。

容器文化ミュージアム

豆腐のパッケージいろいろ。
乱切りのやつあるといいなあ。

容器文化ミュージアム

パッケージデザイン間違い探し。
手前のボードをめくると答えあり。
非常に難しいのもあり。

容器文化ミュージアム

ステキデザインパッケージいろいろ。

容器文化ミュージアム 容器文化ミュージアム

一般展示。
壁沿いは、歴史にそって並ぶ。
島では、最近のパッケージの工夫解説。

容器文化ミュージアム

今回感銘を一番感銘を受けた「口どり缶詰」。
戦地の兵士向けのおせち料理の缶詰。
そもそもおせちは保存食の側面もあるから相性良さそう。
今あってもよいね。

容器文化ミュージアム

コンビーフ缶、なくなってしまうの……。

容器文化ミュージアム

個人的にここ最近の大進歩と思っているがこの電子レンジ用パウチ。
電子レンジでそのままチンできるレトルトパウチ。
画期的だよなあ。

容器文化ミュージアム

ドレッシングなどの蓋で、強く回すとカチっとなって開通するやつ。
こんな仕組みだったんだ!
学びある。

容器文化ミュージアム

ゼリー容器の5層構造。
これは思ってもみなかった。

以上です。

今まで知らなかったことがたくさんあり為になりました。
企業のミュージアムにはどんどん行ってみるべきだなあ。
無料だし。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 [ 次へ ]

たつをの ChangeLog
Powered by chalow