たつをの ChangeLog

1086 件 見つかりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 [ 次へ ]

恵比寿ガーデンプレイスで開催中の「恵比寿映像祭」。
会期は2月23日(日)までです。
とらちゃん(小3息子)と観てきましたよ。

恵比寿映像祭 2020


ガーデンプレイスのセンター広場にドーム型の仮設プラネタリウム、中では「ハナビリウム」という映像作品が上映(無料)。

25分くらいのプログラムで、かわいいキャラが出てくるので子供も楽しめます。花火の色の出し方、戦国時代末からの花火の歴史、花火の作り方など内容も豊富で、子供向けの教育番組としてもとてもよくできていました。普通のプラネタリウムで上映してもよさそう。

なお、映像祭最終日の23日は上映なしなのでご注意を。映像祭のハナビリウムの説明ページにタイムテーブルあります

あと、写真美術館にいろいろ展示があって期間中は無料。今回の映像祭のテーマは「時間」ということなので、動きのある展示が多くてとらちゃんも飽きずに楽しめました。

恵比寿映像祭 2020 恵比寿映像祭 2020

なお、とらちゃんの印象に残ったものの一つは、なかなか動かないナマケモノの動きを実時間でみるドキュメンタリー。よく見ると結構動いてるんだよね。

過去記事


「こども六法」を読みました。子供用に買ったのですが、読んでみたらむしろ大人向きかも。

  • 山崎 聡一郎 (著) / こども六法

    いじめや虐待は犯罪です。
    人を殴ったり蹴ったり、お金や持ち物を奪ったり、SNSにひどい悪口を書き込んだりすれば、大人であれば警察に捕まって罰を受けます。
    それは法律という社会のルールによって決められていることです。

    けれど、子どもは法律を知りません。
    誰か大人が気づいて助けてくれるまで、たった一人で犯罪被害に苦しんでいます。
    もし法律という強い味方がいることを知っていたら、もっと多くの子どもが勇気を出して助けを求めることができ、救われるかもしれません。

    そのためには、子ども、友だち、保護者、先生、誰でも読めて、法律とはどんなものかを知ることができる本が必要、そう考えて作ったのが本書です。
    小学生でも読めるように漢字にはすべてルビをふり、法律のむずかしい用語もできるだけわかりやすくして、イラスト付きで解説しています。

    大人でも知らないことがたくさんある法律の世界、ぜひ子どもと一緒に読んで、社会のルールについて話し合ってみてください。

基本的には主要な法律、憲法、いじめ防止対策推進法の子供でもわかるレベルの要約(ふりがな付き)とコラムという内容。小学生にも関係する、学校での権利侵害に重きを置いているのが本書の特徴。お子様のいるご家庭には、目のつく場所に1冊あるといい本ですね。

読み込むには小学生高学年くらいの理解度がいるかな。うちの子はまだ小3なので、絵のあるページだけ読んでいる感じだけど、今はそれで十分。

法律まわりをあまり勉強してこなかった私としては、「なるほどそうだったのか」と思えることも。債権・債務の考え方とか。文系学部出身の人にとっては常識でしょうが。

欲を言えば、著作権法とかの話もあれば良かったかも。別途子供向けのネット関連法律の本が出れば良いのか。すでにありそうですね。

こども六法

目次:
  • 第1章 刑法
  • 第2章 刑事訴訟法
  • 第3章 少年法
  • 第4章 民法
  • 第5章 民事訴訟法
  • 第6章 日本国憲法
  • 第7章 いじめ防止対策推進法
  • いじめで悩んでいるきみに

渋谷区の子供科学教育施設的な「ハチラボ」に行ってきました with とらちゃん(小3息子)。
現在開催中の特別展は「『ヴァーチャル・リアリティの世界』展」。
開催期間は4月5日(日)までです。

ハチラボ ヴァーチャル・リアリティの世界

  • こども科学センター・ハチラボ | 渋谷区公式サイト
    ◎タイムマシンにのって昔の渋谷を歩いたり、上空を飛んだりしよう。
    最新のVRメガネをかけて、ヴァーチャル・リアリティ(仮想現実)の街へ、さあ行ってみよう!
    協力:一般社団法人1964-TOKYO-VR ・ 株式会社NHKエンタープライズ

    ◎360度カメラRICOH THETA(シータ)を使った撮影体験や離れた場所からスクリーンに映った360度の映像を動かす体験をしてみよう!
    協力: 株式会社リコー

    ◎積み木遊びをしながら拡張現実(AR)で住みたい家と街を親子で作る「ARツミキタウン」。
    積み木を積み上げると、モニター上にARで家や店舗、自動車や列車が映し出され、川が流れ鳥が飛ぶ光景が映し出されます。みんなで作ってみよう!
    協力: 株式会社ジブンハウス ・ 株式会社ハロー

    これら最新の画像技術を遊びながら楽しく学ぼう!

VRとARの3つの展示物があります。

これは積木AR。
積み木に描かれたパターン(絵)を認識すると3Dな何かが出てくるやつ。

ハチラボ ヴァーチャル・リアリティの世界 ハチラボ ヴァーチャル・リアリティの世界

全体的に、どちらかといえば小学生くらい向けの展示ですね。
未就学児にはちょっととっつきにくいかも。

これまでのハチラボ企画展


調べてないので、うちの子の血液型は不明です。何かのときのために調べておいた方がいいのかなと思っていたのですが、世の中的には調べる必要はないようです。輸血が必要な場合にはそもそも事前に適合検査するので。



  • 血液型の検査 (2018.01更新) | たかだこどもクリニック
    結論から言えば、検査をする必要はありません。
    輸血をする際には血液型の不適合があると重大な問題を引き起こすことがありますので、輸血をする前には血液型の検査をして適合した血液を輸血します。輸血をする可能性がある場合(手術前など)や病気の診断で必要な場合は血液型の検査を行いますが、それ以外のことで血液型を知っておく必要性はありません。
  • すぎもとキッズクリニック :: 血液型検査
    輸血をする場合は必ず血液型をその場で再検査し、そして、クロスマッチテストといって、もらう側と提供者との血液を混ぜあわせて問題がないかをチェックします。

    ですから、事前に血液型を調べておいても、実は医学的には全く何の役にも立ちません。
    血液型を知っていて役に立つのは、「血液型占いができる」ことぐらいです。それ以外の意味はほぼありません。
    しかし、保育園などの提出書類にどうしても血液型の記載が必要で、書かないと受理してくれない場合は、O型、さらにRh式の記載も必要な場合は-(マイナス)と記載しておくと良いと思います。というのは、上にも書いたように今の日本ではあり得ないことだと思いますが、万が一、その情報だけで輸血を行うことになっても、本人の実際の血液型が何型であれ、O型Rhマイナスの血液であれば、輸血されても大丈夫だからです。
    ただ、実際には、空欄にしておいてもまず問題なく受理されます。

血液型占いに使えるくらいだそう。提出書類に血液型必須のときは「O型」にしておくというライフハックも。

もしうちの子が知りたがったら、献血すれば判明するので、それまで我慢してもらうかな。輸血が必要になっても判明するけど、そういうことがないように祈ります。

とらちゃん(小3息子)と渋谷区の子供科学教育施設的な「ハチラボ」に行ってきました。
今年初です!

現在開催中の特別展は「親子で学ぼう!『みらいのために。より良い環境をつくろう。』展」。
開催期間は 1/26 まで。
もうすぐ終了です。

渋谷 ハチラボ 2020.1.12


古着のリサイクル。
細かく砕いてチップにして繊維にして布になってまた服になる。

渋谷 ハチラボ 2020.1.12 渋谷 ハチラボ 2020.1.12

石灰石で紙やプラスチックの代替品を作る。
スーパーやコンビニの袋やスマホケースや紙皿的な器など。

渋谷 ハチラボ 2020.1.12 渋谷 ハチラボ 2020.1.12

傘に顔が投影されて傘の気持ちがわかるという趣旨の展示。

渋谷 ハチラボ 2020.1.12 渋谷 ハチラボ 2020.1.12

全部がプラスチックでできた再利用容易な傘。
あと取り回しが良さそうな特徴的な持ち手の傘。

渋谷 ハチラボ 2020.1.12 渋谷 ハチラボ 2020.1.12

再生プラスチックによるレゴみたいなブロック。

渋谷 ハチラボ 2020.1.12 渋谷 ハチラボ 2020.1.12

実際の海岸の砂浜でマイクロプラスチックの実態を体験する展示。

渋谷 ハチラボ 2020.1.12

などなど盛り沢山でした。

プラスチック傘、よかったなあ。
とらちゃんはとても気に入ってました。
次の傘として検討。


簡易版(?)がセブンで売っている(売っていた)らしい。


これまでのハチラボ企画展

この記事に言及しているこのブログ内の記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 [ 次へ ]

たつをの ChangeLog
Powered by chalow