たつをの ChangeLog

742 件 見つかりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 [ 次へ ]

最近買った MacBook Pro 13-inch 用にトラックバッドの保護シートを導入。

トラックパッド用 保護シート for MBP

いらないかと思ったのですが、
直接トラックパッドを使っていると指先の当たりに違和感。
これまで使っていた MacBook Air と同様に保護シールを貼ることにしました。

あるとないとじゃ大違いです(個人の感想です)。

トラックパッド用保護フィルム MacBook Pro 13インチ(2016/2017) OverLay Protector OPMBP13L2016TP/12 | ミヤビックス | ノートパソコンスキンシール


私の場合、キートップがすぐに手の脂で汚れるので MacBook にはキーボードカバーが必須です。
ということで購入。
ちょこっと上に乗せておくだけのシートタイプ。
これで一安心。

MacBook Pro 用のキーボードカバー

しかし、レッツノートのキートップはあまり汚れないのになんで MacBookだと目立つんだろう。
キーが黒いからかなあ。

Amazon | AVIDET MacBook Pro 13 2016 / 2017 Touch Bar非搭載モデル 日本語 キーボードカバー


MESH」で「IoT」やってます。
今回は実用的なやつ。
展示会やポスターセッションなどの「説明員が各持場で内容を説明するイベント」において、説明員が飲み物取りに行ったりして不在のときってありますよね。
そんなときに説明員を呼び出す仕掛けです。

説明員呼び出しボタン

仕組み


まず、呼び出し側。
画面の割れた iPhone 5s に MESH タグ(ボタンとLED)を接続。
ボタンタグが押されると、Gmail タグで私のケータイアドレス(スマホに届く)へメールして、それから LED タグが光る、という単純な流れです。
タグ2つと iPhone 5s を防水スマホケース(ダイソー)に入れて説明文を貼り付けておきました。

iPhone 5s 上の MESH アプリでの配線図です。

MESHボタンでのメール呼び出し

そして、呼び出され側。
呼び出し側のボタンにより、最終的に私の普段使いの iPhone SE にメールが届きます。
メール届いたら展示場所へささっと戻れば万事OK

説明員呼び出しボタン

これらを並べての動作確認テストの動画です。



LED タグはボタンを押した人の注目を得るためのもので、光ってるのを凝視してる間に私が到着できれば「すぐきた」感が与えられるかなという戦略です。
LED の光る長さは上の動画では数秒ですが、あとで数十秒に変えています。
会場内にいれば光ってる間に到着できるでしょう。

使用レポート


実際のポスターセッションで使ってみました。
ポスターの横にぶら下げました。

説明員呼び出しボタン

ええと、当日は私以外にも説明員がおりまして、説明員ゼロな状態が発生せず、結局この呼び出しシステムが使われることはありませんでした。
お客さんがひっきりなしで大盛況だったのですが、メンバーの頑張りにより、適度に休憩を挟むことができてよかったです!

関連記事


MESH本体


10月中旬から「MESH」で「IoT」始めています。


まず10月に「ボタンタグ」「LEDタグ」「動きタグ」の3個セットを買って、11月に「人感タグ」「温度・湿度タグ」を買って、そして今月12月は「明るさタグ」を買いましたよ!

MESH 明るさタグ

明るさタグは、明るさの変化の通知、明るさの度合い(値)の取得、ふさがれたか否かの通知と確認ができます。明るさは1~10段階での指定・取得と、Lux の取得ができます。

動作確認も兼ねて明るさのログ取りをやってみました。

MESH 明るさタグ

タイマータグで1分ごとに明るさ(Lux)を取得しGoogle Driveへ送ります

MESH 明るさタグ

こんな感じになりました。

2017/12/13 08:49:15 770
2017/12/13 08:50:14 700
2017/12/13 08:51:14 680
2017/12/13 08:52:14 640
2017/12/13 08:53:14 2630
2017/12/13 08:54:14 2620
2017/12/13 08:55:14 2100
2017/12/13 08:56:15 750
2017/12/13 08:57:15 750
2017/12/13 08:58:15 1010

さすが MESH なだけあって、ストレスなく素直に使えます。


MESH本体


アマゾンエコー、来ましたよ。

アマゾンエコー amazon echo

経緯


現段階では買うために「招待メール」が必要で、日本での発表と同時に招待メールをリクエストしたのですが、第1弾はメール来ず。ネット界隈で入手した人の報告を見て悶々と過ごしてました。で、11月末に第2弾の招待メールがばらまかれまして、運良く私のところにも来たのです。若干手間取りましたが無事注文できて[2017-12-01-3]、この週末に届きました。

アマゾンエコー amazon echo

初日の感想


今日設定しました。

とりあえずの利用は、天気、ニュース、タイマー、アラーム、音楽、くらい。音量を変えたり、音楽やアラームを止めたりもできます。複雑なことでなければきちんと聞き取って動作してくれます。24時間いつでも手を使わずに音声操作できるのは便利ですね。それだけでかなり嬉しいです。

今後いろいろと繋げていく予定ですが、あわてずのんびりと。

アマゾンエコー amazon echo

Amazon Echo


Amazon | Echo - スマートスピーカー


Amazon Echo を注文する

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 [ 次へ ]

たつをの ChangeLog
Powered by chalow