たつをの ChangeLog : 2008-09-13

Sony Dealer Convention 2008 と当時に開催された、開発者セミナーに行ってきました。
場所は、品川のグランドプリンスホテル新高輪の国際館パミール。

SDC

開発者の人たちが実際に彼らが手がけた製品・サービスを解説したりデモしたりという形式のセミナーが5コマ x 3トラックで展開されます。

タイムテーブル

以下、参加したセミナーについての簡単なレポートです。

Life-X


「ライフログ・シェアリング」サービス。
写真や動画など他社サービスとも連携。
対象データは、写真、動画、メモ、ウェブクリップなど。
他社サービスは、
Flickr, YouTube, はてなブックマーク、twitter
などと連携。
自分がらみのリッチメディアのポータル、みたいな。
マイライフポータル。
SNS 的機能もあり。
カテゴリわけなどの整理もできる。
Life-X

2006年11月ごろから企画(当時のポンチ絵が登場)。
9月10日に発表。
クローズドβサービス開始は9月下旬。
一般サービス開始は10月中旬。
コンセプトビデオが非常に良い出来。


実際にケータイからコンテンツをアップする聴講者参加デモも。
送った写真が全面スクリーンの Life-X のダッシュボード(?)に表示されていきました。

- Life-X (ライフ・エックス)
  http://life-x.jp/lifex/
Life-X

ハンディカム


ハンディカムの活用方法いろいろ。Blog に便利だよ。
ハンディカム

(1) ハンディカム付属ソフト「ピクチャーモーションブラザー」(PMB)で楽しもう!

PMB は画像・動画管理ソフトです。
動画の途中のサムネイルも見えたりします。
iPhoto や iMovie 08 みたいな感じです。
これは結構よさげー。

画像認識技術により、写っている人数で写真を絞り込めます。
二人の写真とか集合写真とか簡単に探せます。
あと、顔認識技術により、選んだ顔と似た顔が写っている写真も絞り込めます。
認識した顔領域だけをずらっとブラウズすることもできます。
動画の中の顔にも対応。
これはすごい!
大量のデータも「顔」をいう視点で整理できるのはすごい!

簡単にリサイズ保存できる機能、動画から静止画をきれいに切り出す機能などブロガーには嬉しいー。

(2) ハンディカム専用アクセサリーであるワイヤレスマイクで楽しもう!

ドキュメンタリーやドラマっぽい感じで行ける。
デモ映像で納得。遊園地やキッザニアや幼稚園。
子供が遊んでいるところを遠くから撮影するときなど、
子供が歌ったりキャーキャー言ったり録れて楽しい。

ref.
- キッザニアで聞こえない会話を聞く方法 --(1)
  http://stanley.jugem.jp/?eid=196

SONY ワイヤレスマイクロホン DCR-HC96用 ECM-HW1


nav-u


ソニーのカーナビ「nav-u」(ナブ・ユー)。
ぺたっとくっつけるタイプ。
このセミナーは、製品の説明ではなく、周辺技術の話。

SONY パーソナルナビゲーションシステム NV-U2


(1) ぴたっと吸盤の秘密。

車のダッシュボードへ取り付けるために重要となる吸盤。
ざらざらしてても、動きがはげしくても、ぴたっと固定するために、素材などを追求。

吸盤

肌色の四角いやつは、プロトタイプを作るときのシリコン型(金型を作る前に作る)。

(2) POSITION PLUS G の秘密。

GPS以外のセンサーを使うという話。
例えば、GPSが届かないトンネルの中とかで。
加速度センサーだけだと、坂があると重力の影響を受けて、不正確になる。そこで、気圧センサーも使う。
10cm単位で現在の高度がわかるので、坂かどうかがわかる!
気圧センサーで補正するってのは、ソニー独自の技術らしい。
センサー

nav-u で、トンネル内での位置を正確に把握するという動画:


α900


アルファシリーズの最上位機種。
本セミナーは主にファインダー開発の裏話。
好評だった MINOLTA α-8 を超えるファインダーを開発したぜい!と。
参加者の大部分が嬉しそうにα900をいじっていたのが印象的でした。
α900

α350 高倍率ズームキット


α200 レンズキット


ブルーレイ


ブルーレイの再生をきれいにするという話。
CREAS(クリアス)という映像解析技術で画質をアップ。
百聞は一見にしかず、なデモあり。
というか、実機でデモ見ないと分からないかと。
CREAS

SONY ブルーレイディスクプレイヤー BDP-S5000ES


ref.
- ソニー、CREAS搭載の単体BDプレーヤー「S5000ES」
  http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080903/sony3.htm

その他


最初に頂いたエコバッグ!
竹の繊維でできてるそうです。
エコバッグ

セミナー参加者には、お食事券が配られたました。
1500円以内ならホテル内のどのレストランでもOK。
で、下の会のカフェへ行くと、今回のイベント参加者向けの「SONYカレー」なるメニューがありました! 結構おいしかったです。
ソニーカレー

上・中・下巻に分かれた「ローマ人の物語 - 迷走する帝国」[2008-09-05-3]の二冊目。
上巻[2008-09-08-2]の続き。

皇帝が現れてはすぐに殺されるということが短期間に繰り返される時期の話です。

塩野七生 / ローマ人の物語(33) - 迷走する帝国(中)


この時代、長きに渡ってローマとツーカーな仲の敵、つまり空気の読めるライバルであった東方のパルティアが滅び、ササン朝ペルシアが登場。
ササン朝ペルシアは、アレキサンダー大王以前のペルシアの版図を復活するという目標を持った国家であり、空気読んでもらうのは無理。
ということで、東方がやばくなるわけで、これもローマ滅亡の一因。
要するに、時代の変化。
いつまでもバランスを取り続けることはできない。

で、この巻のハイライトは、ササン朝ペルシアとの戦いで捕らえられてしまうヴァレリアヌス帝。
ローマの皇帝が敵国に捕らえられるという史上初の屈辱。
国内外へ与えた影響は大きかっただろうな。
当時ネットがあったら、反ローマな人たちが「ローマざまあwww」「m9(^Д^)プギャー」といった感じで盛り上がってただろうなあ。

たつをの ChangeLog
Powered by chalow