古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
MESH」で「IoT」やってます。
練習の一環として、自宅の一室のドアの開閉記録を取ってみることにしました。
使うのは「動きタグ」。

MESH でドアの開閉記録

ドアの上の方に「動きタグ」をマスキングテープで貼り付けました。
で、振動を感知したら Google スプレッドシート(Google Drive)にタイムスタンプを追加するという流れ。

MESH でドアの開閉記録

MESH アプリでの配線図です。
検知する振動の感度を指定できるのですが、なかなか最適値がわからず。
ドアのロック部分(?)がガチャっとなると検知されればOKということで、えいやっと設定。
感度 35-100、間隔(秒) 0.5 にしました。

bar graph : door open and close

11月3日23時から11月6日7時まで記録をとったので、グラフにしてみました。
基本的に開けるときと閉めるときの両方が検知されるので、だいたい1回の開閉で記録2つ。
開けてそのまま(開けっ放し)だと1つ。
そーっと開けると無視されます。
やたら数の多い5日10時台は部屋の掃除をしていました。

MESH でドアの開閉記録

今回は単なる動作確認実験でしたが、いろんなことが分かって面白いですね!

なお、この期間、動きタグのバッテリーはぜんぜん減りませんでした。
1ヶ月くらい行けるのでは?(それは無理か)

関連記事


MESH本体