古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
読み取ったバーコード情報から、アマゾンや楽天やヤフーなどのネットショップの該当商品ページを開く仕組みを作りました。とはいえ、バーコードを読み取る部分はスマホアプリなどを使う前提で、実際は読み込んだバーコード情報からネットショップへ移動する部分を作っただけです。


使うショッピングサイトが決まっているなら例えばアマゾンのアプリを、いろいろと比べたいと思ったら例えば価格.comのアプリを使えば、バーコード撮影からそのまま商品情報を閲覧することができます。それはそれで良いのですが、身内からいろいろと要望がありまして、低機能ながらわざわざ自家作成。

ともかく、流れを説明します。

iPhone で使う場合を例に、まずは設定から。

  • バーコードリーダーアプリ「QuickMark」をダウンロードして起動
  • 右下の「設定」をタップ
    浅間ジャンプ 解説
  • 「ブラウザ」を「Safari」にしておく
    浅間ジャンプ 解説
  • 「検索URLの設定」をタップ
    浅間ジャンプ 解説
  • 「1次元バーコード」をオンにしてURLを入力
    浅間ジャンプ 解説
  • URLには下記を指定
    http://yapi.ta2o.net/asamajump/?%#%
    
    浅間ジャンプ 解説

さて、実際に使ってみます。

  • 左下のカメラアイコン(スキャン)をタップしてバーコードをかざす
    浅間ジャンプ 解説
  • 認識したら「他の機能」をタップ
    浅間ジャンプ 解説
  • 「Webで検索」を選択
    浅間ジャンプ 解説
  • Safariが開き「浅間ジャンプ」のページに飛びます
    浅間ジャンプ 解説
  • あとはアマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングのページへ
    浅間ジャンプ 解説 浅間ジャンプ 解説 浅間ジャンプ 解説

以上です。

なお、「浅間ジャンプ」の名前は、いろいろと縁のある浅間山に由来しています。ご了承ください。

関連記事