古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
電子的な TODO 管理ですが、結局 iOS 端末 (iPhone, iPad) では Apple 謹製のデフォルトのリマインダーを使い続けています。デバイス間の共有が遅いとか、リストの時間順表示や日付表示がときどきおかしいとか、不満点は多いのですが、普段使っている iPhone 2台、iPad mini、MacBook Air 2台で iCloud の設定だけで TODO が共有できるという点で手放せません。他の TODO アプリも試してみましたが、結局 Apple 謹製のに落ち着きました。繰り返しますが、満足はしていないので良い代替案があれば乗り換える気マンマンであります。

iPhoneでのtodo管理

リマインダーは基本的に時間指定表示で使っています、というか時間指定でしか使ってません。目覚まし時計の形のアイコンで切り替わるリストです。全ての項目で必ず通知(アラーム)を設定しています。これやらないと使う意味がかなり薄れるからね。

項目の追加はかなり面倒なので(不満点の一つ)、リマインダーへの追加専用の外部アプリを使っています。今使っているのは「速Reminder」という iOS アプリです。なかなか快適です。現状だと iPhone では項目追加アプリは必須ですね。将来は使わないで済めばいいけどな。

iPhoneでのtodo管理
速Reminder
120円
(2015.06.17時点)
posted with ポチレバ


そんなわけで、TODO 管理まわりの近況でした。Apple 謹製リマインダーの今後のアップデートを期待せず、工夫で乗り切っていくしかないかと。

ref.
- iPhone (iOS7) のリマインダーが使いにくくなった[2014-03-01-2]
- iCloud 時代の定番 TODO 管理ツールである Apple 純正アプリ「リマインダー」[2013-01-18-1]