古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
赤ちゃんを寝かしつけてるときに自分も寝ちゃうってこと、けっこうありますよね? たいていの場合は「寝かせつけたあとに家事やらなにやらやらなくちゃ!」って状態なので気をつけなければなりません。

とらちゃんと添い寝

そこでこのiPhoneアプリ「添い寝アラーム」。寝かせつけのとき、このアプリを立ち上げてベッドや布団に転がしておくだけ。音や振動の有無を監視して、静かになったら「寝た」と判断し、赤ちゃんは起きないけどあなたは起きるレベルのアラームで起こしてくれます(じわじわとアラーム度が上がっていきます)。ありがたや!

添い寝アラーム 添い寝アラーム 添い寝アラーム 添い寝アラーム

私の場合は毎回確実に起こしてもらえましたが、そうは言っても起きれない人もいるかもしれません。無意識にアラームをストップしちゃったりとか。でも、何もないよりかは安心ですよ。悩んでいる方はぜひお試しください。有料ですが最低価格の85円(今日現在)。

- こども寝かしつけ添い寝アラーム (arinkosoft)
http://arinkosoft.com/soine/
iPhoneに内蔵された加速度センサとマイクを利用し、アラームのタイミングを自動調整します。
例えば、絵本を読んでいたりお話をしている間はアラームを遅らせ、眠った頃にアラームを鳴らします。
あなたを起こす時、最初はバイブレーターでお知らせします。
一定時間内にアラームが止められないとバイブレータに加えて音でお知らせします。アラーム音は徐々に大きくなっていきます。
もし、まだ完全に子どもが眠っていないときにアラームが鳴ってしまったら、iPhoneを軽く叩くとアラームが延長されます。
真っ暗な部屋でも眩しい画面を見る必要はありません。


この記事に言及しているこのブログ内の記事