古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
画像データを文字列として img の src で指定できる。
これにより、HTMLファイル1つでテキストと画像が表示できる。

技術メモ帳 - URI の data: スキーム
(http://d.hatena.ne.jp/lurker/20060810/1155213304) によると、
表記方法は下記。
<img src="data:image/gif;base64,BASE64データ">
「BASE64データ」の簡単な作り方は、
curl -s http://i.yimg.jp/images/search/head_050825.gif | \
openssl base64 | tr -d '\n'
など。

表示は IE6 ではだめだけど、Firefox だとOK。

表示例↓(1x1の画像)


以下、Perl モジュール MIME::Base64 を使って「BASE64データ」を
作るサンプルプログラムと実行例:
% cat base64.pl   
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use MIME::Base64;
my $str = join('', <>);
(my $ec = encode_base64($str)) =~ s/\n//g;
print $ec, "\n";
% od -c 1x1.gif
0000000    G   I   F   8   9   a 001  \0 001  \0 200 377  \0 377 377 377
0000020   \0  \0  \0   ! 371 004 001  \0  \0  \0  \0   ,  \0  \0  \0  \0
0000040  001  \0 001  \0  \0 002 002   D 001  \0   ;                    
0000053
% ./base64.pl 1x1.gif
R0lGODlhAQABAID/AP///wAAACH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAICRAEAOw==

ref.
- [を] 最小サイズGIF画像を出力するCGI[2004-12-08-4] ←ミニGIFつながり
- [を] uudeview[2002-04-11-3] ←Base64つながり
- [JavaScript] dataスキームURI生成(画像データのBase64変換)
  http://www.kawa.net/works/js/data-scheme/base64.html