古い記事
ランダムジャンプ
新しい記事
レイ・ブラッドベリ / 二人がここにいる不思議 / 新潮文庫

アイルランドの片田舎から火星まで、多様な舞台。SFやホラーや
「ちょっと良い話」などの様々なジャンル。ごった煮的短編集。

タイムマシンの話「トインビー・コンベクター」はオチがなんとなく見え
ていたが、ちと感激。この本の中では一番好き。あと「プロミセズ、
プロミセズ」が考えさせられる。何かを捧げ物にして神に約束してしまった
後での泥沼話。自分ならどうするだろう。軍人親子の話「号令に合わせて」
はかなり印象強し。自業自得だけどね。…以上は自分用読書メモ。

あとがきに載ってた話になるほどー。著者は、若いころに身につけた創作
の習慣「毎日何かしらの原稿を書く習慣」を4,50年たった今でもきっちり
と守り続けている、と。継続は力なり[2004-12-02-4]、ですね。
とりあえず私はブログを習慣として何十年も続けてみるよ!


この記事に言及しているこのブログ内の記事